住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


耐震性について、窓と壁の配置
【専門家に質問】
平成 2020/05/30   
■ ご相談・ご質問の内容

こんにちは。耐震性についてご意見をお聞かせ下さい。

木造の2×6工法、総タイル貼り、瓦屋根です。



1.彩光計算の結果、1階の南側掃き出し窓のサイズを16020から24320に変更する必要があります。これにより、リビングの壁が1枚なくなります。この壁がどの程度重要なのか、あまり重要ではないのか、その必要性について言えることがありましたら、教えて下さい。



2.2階の南側の寝室の東側に13318サイズの掃き出し窓があります。良くない位置なのは承知しています。この窓について、また、耐震性を考える場合に、1階と2階の壁や窓の位置についてご意見をお聞かせ下さい。例えば、この位置の掃き出し窓の耐震性を補うためには、この位置に壁があるべき等。

よろしくお願いします。
6件のコメントが投稿されています(1-6を表示)。
No.1  匿名 2020/05/31   
南側は採光補正係数が1を切るのでしょうか?

図がよく見えないですが1以上であれば問題なさそうに見えますが。

微妙なら16520か16522でも駄目ですか?

2階はよく見えないのでわかりませんが

耐震性に関しては使用上の支障の話しではないので

結局壁量計算なら46条と4分割の確認、

若しくは許容応力度計算で確認。

それをベースにあとはどれだけ余裕を見るかでしょ。



No.2  匿名 2020/05/31   
写真が粗くてすみませんでした。

2枚アップします。
No.3  匿名 2020/05/31   
2枚目です。
No.4  匿名 2020/05/31   
1階のLDKの彩光量は、自分で計算した結果、設計担当者の言うとおり足りませんでした。



和室と合わせて1つの部屋として計算すれば足りるのですが、この場合には、LDKと和室は別々の部屋として計算する必要があるのでしょうか?
No.5  匿名 2020/05/31   
クライアントさんでしたか。

1階は奥までLDKだったんですね。

この図の情報だけじゃ計算できませんが設計士さんが仰っているのならそういうことなのでしょう。

採光補正係数が1.3あれば16520でギリいけてますが南面側は隣地境界からの距離もあまり離れていないということですね。

和室はLDKとの間を障子や引き違い戸で取り外して一体の部屋としてみなせるようにすれば採光上1つの部屋として計算できますがこの場合は出入口のようですので別々で計算です。

ここを2枚建ての引き違い戸にしてみてはいかがですか。

まだよく見えないですが1階のX4-X5間?は壁にしておきたいところです。

2階は特に今のままでも他で耐力取れるので問題ないですよ。

ここのアップロードは図面を上げるには画質悪すぎて役に立ちませんので、他でアップロードしてアドレスをのせる方がいいと思います。
No.6  クライアント 2020/05/31   
とても親切なアドバイスをしていただき、ありがとうございます。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^