住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


境界線より30㎝しか離れてないベランダ
【全員に質問】
匿名 2020/05/15   
■ ご相談・ご質問の内容

隣家が境界線より30㎝

も離れてなく3Fは寝室が、2fはトイレがまる見えになります。目隠しをしてもらいたいのですが、どのようにしたら良いですか?


5件のコメントが投稿されています(1-5を表示)。
No.1  匿名 2020/05/17   
お隣のお施主さんは民法のことなど知らないでしょうから、工務店に言うしかないでしょうかね。

建売物件や、入居前物件なら民235条の目隠ししてくださいと工務店に言えるのでは?

工務店に言える状況ではないのならお隣の方に説明するしかないですが、

今後のご近所付き合いもあるので、その辺りの話しの持っていき方は法律とは別の部分ですので当事者しか判断しようがないでしょうね。

法律では目隠しの請求できますがそれを

当然のように伝えるか、お願いするか、文句を言うか、弁護士や建築士等第3者の専門家同行か、裁判までする気があるのか...等々

これらは前提条件が質問文の範囲しかわからない私たちには判断しようがないですね。



No.2  匿名 2020/05/21   
まさか無視?
No.3  神谷 一吉 2020/05/28   
空間工房TATの神谷と申します。一級建築士で調停委員も行っているものです。

民法235条では境界線から1m未満の部分においては目隠しをする項目がございます。

よって、隣地側の方に目隠しのお願いは出来ると思いますが、ただ、この法律に関しては建物建築の後先に関係なく双方に適用されます。

こちらも窓に目隠しの設定が必要になる可能性もあります。

その辺も意識をされてまずは関係者どうしでお隣さんとお話し合いをされてはどうでしょうか。

もしそれでも解決できなければ、裁判所にいきなり裁判ではなく調停という方法もあると思われます。

又、市町村に相談コーナーがありますのでそちらに相談されてみてもよいかと思います。
神谷 一吉(一級建築士)
設計事務所「空間工房TAT」の代表者で宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザーでもある。住宅の新築・リフォームの設計・監理などを行っている。対象エリアは愛知県を中心に東海エリア。
No.4  匿名 2020/05/31   
質問者さんは聞き逃げ状態で回答しても意味ないので神谷さまにお尋ねします。

調停委員も行っておられるとのことで教えていただきたいのですが

建物建築の後先に関係なく双方に適用とありますが、この根拠はどこから来ているのでしょうか?

民法条文では後先の話はでてきませんが、東京地裁の判例では建てるのが遅い方がつける必要があると出ています。

これを覆す根拠があるのでしょうか?
No.5  神谷 一吉 2020/06/02   
目隠しの後先に関しましては、ある事件に携わった時にこちらの裁判官からお聞きしたお話です。

この問題に関しましては、各所の地裁の判例しかなく又、その中においては原告側が先に建っている場合しかみあたらなかった為裁判官にお聞きしました。

よって、裁判官によってはこのようなお考えの方がいるとご理解ください。
神谷 一吉(一級建築士)
設計事務所「空間工房TAT」の代表者で宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザーでもある。住宅の新築・リフォームの設計・監理などを行っている。対象エリアは愛知県を中心に東海エリア。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^