住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


基礎の水しみ
【専門家に質問】
ツーバイ好き 2020/04/07   
■ ご相談・ご質問の内容

お世話になります。

引き渡し後約半年の物件になります。

構造はツーバイフォー住宅、該当箇所は1階バルコニー を支える深基礎部分になります。

入居3ヶ月頃から水しみが生じ、その後天気に関係なく症状が出ています。



該当箇所の上部はバルコニーの水抜き孔があるため排水の影響かと想像しています。

床下も確認しましたが特に配管の漏れや基礎に水溜まりもありません。

幸い2階を支えている箇所でなく上部はバルコニー 手摺があるだけですが、原因が分からず気になっています。



構造的な問題があるかどうかだけでもご回答頂けると助かります。宜しくお願い致します。
6件のコメントが投稿されています(1-6を表示)。
No.1  石神 昭二 2020/04/08   
 写真を拝見すると、モルタルが濃く表れた円状の部分と、そこから左方向へ筋が見られます。また濃い色の下へ横方向に筋が見られ、これらを補修したと思われる痕跡が見られます。



 左上の基礎の角から下方向にも筋が見られますが、これにも補修したと思われる痕跡が見られます。



 円状の部分は設備配管を設けるために予め設ける穴開け(スリーブ)と見受けられます。スリーブを使用しないままモルタルを充填した状況がうかがえます。そこから左方向に見られる筋は基礎の打継部の様に思われます。



 ツーバイ好き様が御指摘する水染みは、円状の濃い部分でしょうか。円状の箇所から左方向へ見られる部分でしょうか。

 また質問文の中に床下の状況として水溜り等は見られないとありますが、写真箇所の床下も目視できたのでしょうか。



 今回送って頂いた写真だけでは、当該箇所の詳細が分かり難いので、正確なコメントは難しいです。



 写真の裏側が床下の場合は、設備配管からの漏水が滲み出た状況が推察できます。

 或いは写真の裏側がバルコニーの床の場合は、床防水に不具合があり、雨水が防水層の下に溜まったために、染みとして現れた状況が推察できます。

 

 写真だけでは深基礎の施工状況が不明です。併せて当該箇所の周辺が分からないと構造的な問題があるか判別できません。


石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  ツーバイ好き 2020/04/09   
石神 昭ニ様



お世話になります。詳しく御考察頂き誠にありがとうございます。



気になっている箇所は円形の濃い水しみの箇所になります。

水しみがある面には設計図書上スリーブは設けておりませんでしたが、考察頂いた通り施工中に誤って開けたスリーブをモルタル充填している可能性はあると思います。



該当箇所はバルコニー のため床下確認することは出来ません。該当箇所の基礎断面図添付致しますので、上記モルタル充填からの水しみの影響の他改めて何か気づく点あればご教示頂けますと幸いです。



宜しくお願い致します。
No.3  石神 昭二 2020/04/10   
 図面をありがとうございます。



 バルコニーから住宅部分の基礎床版の上に、バルコニー床の土間コンクリートが施工しております。併せて基礎床版と土間コンクリートの間に砕石が充填しております。



 バルコニー床は防水が施されているのでしょうか。その防水層の端部が土台から上方向に施工しておれば、雨水が砕石に浸透する事は無いと考えられます。しかし、防水層端部の防水処理が不十分であれば雨水が浸透する可能性が考えられます。



 防水層が施工してない場合は、雨水が土間コンクリートと立上り基礎の隙間から砕石へ浸透する可能性が考えられます。



 今回の円状の水染みはこの様な状況で砕石部分に雨水が溜まり、スリーブから滲み出たと推察できます。



 円状の箇所から左方向へ筋状のコンクリート打継部が見られ、そこにも水染みが見られますので、コンクリートのコールドジョイントの僅かな隙間から雨水が滲み出た状況が考えられます。



 このままでは、水染みの範囲が拡大する可能性が考えられます。また立ち上がり部の鉄筋に錆が発生しますので、やがて錆汁と呼ばれる茶色の染みが現れる可能性が考えられます。

 

 従いまして、バルコニーの防水処理を施して、地中の砕石へ雨水の浸入を阻止する対策が必要です。










石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.4  ツーバイ好き 2020/04/13   
石神様



考察頂きありがとうございます。

バルコニー防水未対応でした。取り急ぎ防水処理を行います。ありがとうございました。

防水処理を行なっていない期間(約半年)で既に劣化や錆は進んでいるものでしょうか?

ご参加までに見解頂けると幸いです。
No.5  石神 昭二 2020/04/13   
 床面の防水処理を行うにあたり、住宅側と手摺側の木造部分へも防水処理が必要です。

 この時外壁下端の水切りと呼ばれる板金と外壁の下側を外して、150mm程度立ち上がりを設ける施工をお勧めします。

 併せてバルコニーの雨水排水が必要ですので、排水口を設ける施工が必須です。



 半年間の雨水は多量では無いと思われますが、砕石の内部に貯留していると推察します。

 防水処理を施せば雨水の浸入は無いですが、既に溜まった水分はそのままです。

 円状に現れた箇所はスリーブが設けられているので、充填されたモルタルを除去して、排水管(通気管)を設けてはいかがでしょうか。溜まった雨水が排出できないとしても、空気が入る事で乾燥を促す事ができると考えます。

 管は先端を下へ折り曲げたエルボを設ける事で雨水の浸入を防ぎますので、施工会社へ要望して下さい。



 最適な対策は土間コンクりートを除去し、砕石を除去して、乾燥した砕石に入れ替える工事が宜しいと考えます。

 土間コンクリートは現状よりも100mm程度下げて、そこへ防水層の施工が適していると考えます。

 この時も排水口を設ける事は必須です。

 施工会社へ強く要望して良いと思います。



 写真に見られる染みに錆による変色は無いので、現状は錆が発生してない様に見受けられます。築後半年ですので、御心配の様な劣化に及んでないと思います。



 
石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.6  ツーバイ好き 2020/04/18   
石神様



お返事遅くなり申し訳ありません。

アドバイス頂き誠にありがとうございました。

施工業者としっかり打ち合わせし対応致します。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^