住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


このままでもよい?
【全員に質問】
匿名 2020/01/15   
■ ご相談・ご質問の内容

お世話になります。

断熱材は最低どのくらいの厚みがあれば

柱が10センチ強あります。

吹付の断熱をしてありますが、場所によって吹付がバラバラです。

最低どのくらいの厚みがあれば安心ですか?

吹付断熱の薄い部分は、新たにやり直したほうがよいのでしょうか?

場所によっては、約半分の5cm位しかありません。

よろしくお願いいたします。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  石神 昭二 2020/01/18   
 断熱材の厚さは建設地・施工会社の仕様・設計者の考え方などで違いがあります。



 大事なことは図面に断熱材仕様が表示しておりますので、その通りの施工が出来ているかですので、図面の内容を確認して下さい。



 施工実績として明らかに薄い箇所は、スプレー状の吹き付け器がありますので、追加する手直しが宜しいと考えます。



 仕様の中に断熱材施工の上に防湿シート張りが表示してある場合は、防湿シートの継ぎ目が隙間なく張られてあるか、天井及び床へ巻き込む寸法等についてチェックが必要です。




石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^