住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


アンカーボルトの「曲り」と、「田植え式」での施工の疑いについて
【専門家に質問】
匿名 2019/10/09   
■ ご相談・ご質問の内容

写真の通り質問させて頂きます。



今新築工事を迎えている物です、現在基礎工事中。



布基礎工事の生コン打設時に仕事で立ち会えず、

その日の夜に状況を確認しにいった所、アンカーボルトの曲りを多数確認致しました。

5度程度の曲りでも不安になる所ですが、

特にひどいものは25度程度、曲がった状態で施工されていましたので、

すぐに現場監督に電話させて頂きました。



アンカーボルトの曲りついては、

「立ち上り内部の鉄筋に一点止めで細い針金のようなもので、アンカーボルトを固定し

 生コン打設をしたため、その後重みで曲がってしまった」とのことで、

「あくまで位置決めの為の一点止めです、その場所にアンカーがあることが重要です」との回答でした。

確かに、アンカーボルトの配置漏れなどは無く、図面通りではありました。



しかし、この25度曲がっているアンカーボルト(写真参照)については

現場監督曰く、「設置したかったところに木枠があったため、「あえて」交わして斜めに施工したもので、

後程、台直しをしますし、今後の構造に全く影響無い」との回答でした。 

→3日後に、他の曲がっているアンカーボルトと合わせて、曲げ直されていました。





また生コン打設後の2日後にアンカーボルトを確認したところ

写真のように、アンカーボルトの根本から線状のくぼみが多数確認できました。

→アンカーボルト全体の約半数ほどで同様のくぼみを確認することができました。(写真参照)

これについても現場監督に質問を出したところ、

「上記の一点止めのため、生コン打設時に少し傾いてしまい、それを垂直に引き起こした為

起ってしまった。」と回答されました。





=========================

私の質問は3点です。



①アンカーボルトの設置個所上部に木枠があったため

 「あえて木枠を交わしてアンカーボルト斜めにする施工」

 これは問題無い施工方法と言えるでしょうか?



②アンカーボルトは多少の傾きであれば、台直しをすれば、

 一般の2階建て住宅程度なら問題無いとは思いますが、

 上記のように25度も曲がっている物は問題無いでしょうか?

※台直しは基本的には、推奨はされないと思いますが、5度程度であれば許容範囲かもしれません

 ですが、角度がかなりついていましたので心配です・・・。



③「アンカーボルトが生コン打設時に傾いたためにアンカー根本から線状のくぼみができた」

 との事ですが、上記施工方法でこのようなことが起こるでしょうか?

※私個人としては、その他の点も踏まえ、「田植え式」で施工されてしまったのでは?との疑いがありましたが、

 現地を直接見ているわけではないため確証的なことは言えません。

 現場監督曰く、「田植えではありません。あくまで一点止めで施工しています」との回答でした。

 写真が「田植え式の施工」で確定的なものになるのかどうか?

 あるいは、「一点止めで垂直に起こした」ときになりうるのか?

 を教えて頂きたく存じます。





どうぞよろしくお願い致します。




7件のコメントが投稿されています(1-7を表示)。
No.1  匿名 2019/10/09   
一番曲がっているアンカーボルトの生コン打設2日後の写真です。
No.2  匿名 2019/10/09   
生コン打設三日後に、上部木材をカットした上で、台直し(曲げ起こ)されていました。
No.3  匿名 2019/10/09   
生コン打設2日後の、アンカーボルト部分における、線状のへこみをいくつか送ります。1枚目です。
No.4  匿名 2019/10/09   
2枚目です。
No.5  匿名 2019/10/09   
3枚目です。
No.6  石神 昭二 2019/10/10   
 ①アンカーボルトの設置に於いて「あえて木枠を交わしてアンカーボルト斜めにする施工」



 この様な施工は優先順位を取り違えているとしか考えられません。アンカーボルトの精度が土台の据付けに影響しますし、その後に上棟の精度に影響します。

 そもそも交差部の芯⇒柱芯でしょうから、柱に近接しておりナットの締め付けが可能であるかが心配します。



 ②アンカーボルトの傾きは台直しをすれば、25度も曲がっている物は問題無いでしょうか?

 この件も①と同様に何が優先するかの考えが誤ってると考えます。台直しを前提でアンカーボルトを設置する施工は間違っております。



 ③「アンカーボルトが生コン打設時に傾いたためにアンカー根本から線状のくぼみができた」

 施工会社のコメントに「鉄筋に一点止めで細い針金のようなもので、アンカーボルトを固定」とありますが、この様な施工の場合、アンカーボルトは常に容易に動く状態になります。この状態であれば生コンクリートを打設する際に動くのは当たり前ですので、②に触れましたが、台直しを前提でコンクリートを打設する工事は、極めて不誠実な施工と考えます。



 写真を拝見すると相談者様の御指摘通り、筋状の凹みが見られますので、田植え式でアンカーボルトを設置したと考えて良いと思います。



 写真を拝見して私が気になる点は、コンクリートの天端が非常に粗い状況です。

 この後に土台(基礎パッキン)を敷きますが、基礎天端の平滑性が木造軸組の水平・垂直制度に直接影響を及ぼします。

 通常は基礎コンクリート打設の後に、天端を平滑にするレベリング材を施工しますが、写真を見るとそれは未施工の様に見られます。従いまして、このまま工事が進捗する事に非常に心配しております。



 コンクリート打設前に相談者様は写真を撮影したのでしょうか。その写真を拝見できれば、基礎配筋及びアンカーボルトの施工状況について検証できると思います。



 相談者様の御指摘は尤もな事柄ですので、工事の中断を強く要望して、施工会社の工事写真の提示を求めて、納得のいく説明を申し入れて下さい。



 施工会社と利害関係のない建築士に調査を依頼して、基礎が図面通りに施工されているかを確認する事をお勧めします。





 






石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.7  匿名 2019/10/10   
早速のご返答、また丁寧なご回答を頂きありがとうございます。

(やはりそうだったかという印象で、大変ショックではあります)



立ち上がりの生コン打設前写真ですが、私は撮影することが出来ず

(生コン打設を行うという報告もなかったですが、)

現場監督に打設直前のアンカーボルト状況がわかる写真を求めましたが、撮影していないと言われました。



また、同様の施工(立ち上り鉄筋にアンカーボルトを一点止めする様な施工方法)の写真は有りますか?

と尋ねた所、そのような写真も持ち合わせていないと回答されました。



生コン打設、当日夜に現場に行った際に、アンカーボルト状況の傾きを発見したため

そこからは毎日のように現場に向かい、写真を撮るようにしておきました。

また現場監督にも事細かに説明を求めました。



しかしながら、どうも納得がいかず、今回のスレッドで質問をさせて頂いた状況にあります。





(因みに基礎パッキンは用いない工法の為、この上に土台がのります)

立ち上り仕上げについても、ご返答ありがとうございます。確認してみたいと思います。







まずは、HMにわかる説明を求めたいと思います。

迅速なご回答ありがとうございます。

< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^