住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


基礎工事における捨てコン下の空洞について
【専門家に質問】
匿名 2019/10/07   
■ ご相談・ご質問の内容

 基礎工事で捨てコンの下が大雨で流れ崩れたのか空洞になっている部分があります。

基礎がのっている部分の下も空洞になっている部分があり、業者に強度など問題ないのかと問うと「捨てコンは強度に何ら関係ない」との回答でありました。

 捨てコンが浮いた状態で基礎や建物を支えられるのか、この段階でしっかりと埋め固めてもらわないとあとあと雑に埋められても今後崩れないかと非常に心配です。

 本当に何ら問題ないのでしょうか。
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  石神 昭二 2019/10/09   
 今回の不具合は捨てコンクリートの強度は関係ないと考えます。

 捨てコンクリートは基礎を施工する際に施工性を高めるための工程です。



 基礎の下部の地盤が流出した事態ですので、流出した土砂を補う補強が必須と考えます。



 今回の住宅で、地質調査報告書により基礎の設計を行っていると考えますが、地盤補強工事は実施しているのでしょうか。



 地盤補強を実施してない場合は、空洞になった地盤の内部で雨水により柔らかい状態になった部分まで除去して、空洞部分に無収縮モルタル(グラウト)を充填する工事が必要と考えます。



 この時、基礎の外面に型枠を設けて、注入孔からグラウトを注入して、溢れる程度まで加圧注入する工事により地盤の補強が適していると考えます。



 地盤補強工事を実施している場合は、改良体により基礎が支持しておりますので、、空洞になった部分にグラウトを注入する事が宜しいと考えます。



 写真では全体の状況が分かりませんが、このままでは土砂の流出が止まらない可能性が考えられますので、相談者様が納得のいく補強法を施工会社と協議して下さい。


石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2019/10/09   
ご回答ありがとうございます。



事前の地盤調査では問題なし、補強等は必要なしの結果でした。



業者に地盤の補強をお願いしていますが、特に問題ないので現時点で行わないと取り合ってくれません。



諦めずに要望していきます。

< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^