住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


和室について
【全員に質問】
じ 2019/08/31   
■ ご相談・ご質問の内容

和室について、4畳の和室がありますが、それをリビングにつけるか、ダイニングにつけるか悩んでいます。下が南になっています。和室をリビングにつけた場合、リビングが広くなるが、光があたりにくくなる。

和室をダイニングにつけた場合、リビングが狭くなる気がして悩んでいます。また和室を横長の4畳にしていますが、これを4.5畳の正方形にしたほうがいいのではないかと悩んでいます。人が泊まりにきたときに使用したいので、4畳だと布団が敷けるか心配です。アドバイスをお願いします。その他お気づきの点がありましたら気軽に言ってください。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  藤野貞雄 2019/09/02   
初めまして。『MY HOME-STYLE住まい設計工房』東京の藤野と申します。



ご相談内容から、和室をお客様が宿泊される場合として利用する事を前提にアドバイスさせて戴きます。記載の寸法は、柱芯間寸法としてお読み下さい。



お布団を敷く場合は、最低でも短手の寸法は、相談図面の短手の1820㎜より455㎜広い2275㎜ですが、周囲を歩く場合は、更に455㎜必要となりますのでご相談者が言われるように4.5帖の2730㎜四方の方が使い勝手は良くなります。



工事面積の成約が無いのであれば、4,5帖の和室をリビング側かダイニング側に接するかとなります。



ご相談者様の『光が当たらりにくくなる』とは、直射日光(日差し)の事?と思いますが、例えば東京地区の場合は、和室の庭先側に、9mの距離があり、窓の高さが2400㎜あれば、部屋内側の距離約4m迄日差しが期待できますので、リビング側にも障子を開けるか、光を通す素材であれば、日差しは差し込みます。



採光(明るさと取り込む)は、和紙を使用した障子が光を拡散しますので、明るさ的なご心配は、不要ではないでしょうか。



その事よりも、お部屋の使い勝手として、現状位置の和室の場合(リビング家具配置と建具の位置等はそのまま)、必ず和室を利用する場合は、TV前を人が通りますが、それで宜しいでしょうか?又、ご来客様との関係によっては、お客様が寝る時間帯は、隣室のリビングでTVを見るのを遠慮しがちになる生活となります。このような点を考慮すると、ダイニング側に付随した方が良いのではないでしょうか。



更に、イメージされると良いのですが、和室を同じ床の高さで使用するのか、小上がりの和室として使用されるかで空間のイメージと使い勝手大きく異なります。



例えば、ご相談の間取り図でも、小上がりの和室として床の段差部分を収納庫として使用すれば、現状の間取りでもお布団は二客横長に敷くことが出来ます。また、和室で星座下場合とダイニングやリビングで腰掛けた時の目線が同じ高さとなり、空間とそこに居る人に一体感が芽生えます。



■その他

①このタイプのSIC(土間収納)は、履き替えたサンダル等が玄関先に脱ぎっ放しになりますが、問題は無いでしょうか?



②階段廻部3段や折返し曲部6段踏み面が狭く、危険ですので改善される事をお薦め致します。



③冷蔵庫が埋め込み的な使用となりますので、機種によっては扉が両袖の壁に干渉する場合がありますのでご注意下さい。また幅ト奥行が規制されます。



④洗面脱衣室でお化粧をされる場合は、既存の外気に側面配置ではなく、正面に面したほうがお顔に自然光があたり、化粧色などの間違いがなくなります。



⑤食器棚を含め、家具配置を十分に検討され間取りをお決めになるようお薦め致します。



⑥お住まいの飾り付けのコーナー等は不要でしょうか?



ご相談者様にとられ、良いお住まいが実現されますように
藤野貞雄(一級建築士)
建築設計事務所で新築・リフォームの設計・監理業務を経験し、大手ハウスメーカーで住宅・アパートの基本設計も経験。現在は、MY HOME-STYLE住まい設計工房を運営し間取の提案や相談をしている。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^