住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


布基礎ベース部分のひび割れ
【専門家に質問】
匿名 2019/05/04   
■ ご相談・ご質問の内容

現在、 某ハウスメーカーにて建築中の者です。

布基礎のベース部分にひび割れがあり、このままの状態で立上り部分の

打設を行なっても耐久性や強度などに問題はないでしょうか?

ご回答のほど、よろしくお願いします。



5件のコメントが投稿されています(1-5を表示)。
No.1  匿名 2019/05/04   
画像
No.2  石神 昭二 2019/05/05   
 この後の工程では、この上に立上り基礎が造られますので、ひび割れは継ぎ目の中に埋もれる事になります。



 写真に見られるひび割れの巾は0.50mm程度で、深さは10mm程度に及ぶ様に見受けられます。



 ひび割れの原因は、コンクリート打設時の養生不足及びバイブレーター不足が考えられ、打ち継ぎ部に近接した位置に横方向の鉄筋があって、鉄筋とコンクリート表面の間が狭い為に起こった不具合と考えます。



 これが基礎強度へ影響を及ぼす不具合であるかの判断は、某ハウスメーカーの設計監理者に委ねますが、本来の工事では起こってはいけない不具合と考えます。



 対策としてはひび割れの内部に補修材を充填する補修工事が必要と考えますので、エポキシ樹脂注入法による補修が必要です。

 

 ハウスメーカーにこの方法による補修を強く要望してください。




石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.3  匿名 2019/05/05   
石神様

迅速な回答ありがとうございます。

アドバイス通り、HMの設計監理者へ確認と補修をお願いしたいと思います。



もう一点、気になる点があります。ご見解をお聞かせください。

写真の→方向に行くにつれて鉄筋がコンクリートがでてきております。このまま立上がりの打設をおこなっても大丈夫でしょうか?
No.4  石神 昭二 2019/05/05   
 今回のひび割れの原因としてコンクリート天端付近に鉄筋がある可能性を挙げましたが、やはり横筋が存在しておりました。



 立上り部のコンクリート打設に対しては問題ないと考えます。



 コンクリートの表面に墨が描かれておりますが、この位置が型枠の位置を指します。しかし鉄筋とのかぶり厚が不足した様子が見られますので、型枠が組みあがった後にかぶり厚の確認が必要です。



 また左方向に曲げられた横筋と型枠の墨が近接しておりますので、特に注意が必要です。



 立上り部分の配筋・かぶり厚・アンカーボルトに関して施工状況に問題が見られますので、工事の中断を申し入れて、施工会社と利害関係のない建築士に調査を依頼してはいかがでしょうか。




石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.5  匿名 2019/05/06   
石神様

ご回答ありがとうございます。

素人でチェックするのも限界がありますので専門家への依頼を検討したいと思います。

色々とありがとうございます。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^