住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


バルコニーの水はけ
【専門家に質問】
匿名 2019/05/02   
■ ご相談・ご質問の内容

2階のバルコニーですが水溜まりがドア側に出来ていて改修工事やってもらいましたが、工事後は全体的に水溜まりが散乱してます。担当の監督に写真送ってみてもらいましたが、これなら、広いバルコニーは一般的ですので、これ以上は無理と言われました。写真のような水溜まりは直らないのでしょうか?
4件のコメントが投稿されています(1-4を表示)。
No.1  石神 昭二 2019/05/02   
 質問文の改修工事はどの程度の工事を行ったのでしょうか。写真のような水溜りがあると、砂・泥が堆積します、また滑りやすくなりますので、この様な施工は問題があると考えます。



 バルコニー床の排水勾配は1/100は必要ですので、今回の様に広いバルコニーの場合端から端まで2600mmとすれば30mm程度の高低差が必要になります。この高低差を確保する事を前提の施工が行われてない状況がうかがえます。



 バルコニーの寸法・向きが不明ですが、排水口が2か所あると思われますが、広いバルコニーの場合は三次元的に排水勾配を採る施工は困難と考えます。



 対策としては、床面の合板の貼り替えを行って、適正な排水勾配を採る再施工をお勧めします。



 この時排水口の位置・箇所数を再検討すれば適正な排水勾配が取れると考えます。或いは排水溝を設ける事で適正な施工ができると考えます。



 
石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2019/05/02   
コメントありがとうございます。改修工事は水溜まりがあった勝手口から洋室ペアガラス付近までの一角を削って綿みたいなものを塗り直して灰色の塗装をしてました。現場監督は施工後、現地に確認も来ず、こっちが写真で伝えましたが、限界なので、このまま使ってくださいとの事でしたが再々改修工事で同じ所に依頼するべきか、他の業者に依頼するか悩んでます。
No.3  石神 昭二 2019/05/03   
 図面をありがとうございます。とても広いバルコニーで、1階の屋根を兼ねたルーフバルコニーとも呼ばれる部分です。



 図面には手摺側に排水溝を表す線が描かれており、雨水が流れる方向が記されております。しかし、写真には排水溝らしい様子がないのですが、いかがでしょうか。



 設計者の意図は広いバルコニーの排水を考えると、排水溝を設けないと適当な勾配が採れないという考え方であろうと思います。



 またこれだけの広いバルコニーであれば排水口は2か所必要と考えますが、図面では1箇所です。



 実際に排水溝が造られてないのであれば、図面と違う施工が行われておりますので、図面と違う施工の理由を聞く必要があると考えまっす。その回答に対して、相談者様が納得できるのであれば良いです。



 しかし、御理解と御納得が得られないのであれば、再施工を要望しても良いと考えます。


石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.4  匿名 2019/05/03   
排水溝は無いので図面と違う理由をしっかり説明してもらいます。ありがとうございました。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^