住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


外壁の亀裂について
【全員に質問】
匿名 2019/01/28   
■ ご相談・ご質問の内容

2009年に(財)住宅保証機構の保証付きの建売住宅を購入し、9月より入居しています。

周辺には同じ建築会社の建売住宅がいくつもあり、うちと同様のモルタル外壁(櫛引き仕上げ)の家が、うちより1年後に建った家もあれば、4,5年前に建った家もあります。



2015年辺りから気付いたのですが、モルタル外壁の四隅に亀裂が入り始めました。中のプラスチック?の部材も見えています。(写真左・中央参照)

近所の同様の家にはそんな亀裂はありません。

すぐ建設会社社長に連絡して確認してもらったところ、下記の回答でした。

・左官工事を面づつで別の日で行ったのでモルタル同士がうまくくっついていないのではないか。

・プラスチックの部材との馴染みがあまりよくないのでどうしてもそうなる。

・モルタルは4cmの厚みで塗ってるし防水シートが貼ってあるから雨漏りは大丈夫。

・修復すると色が統一できずに逆に目立つから、もっと亀裂が広くなるまで様子見しましょう。

近所の同様の家ではこんな亀裂はないのにどうして家だけ?と尋ねると、「ほかの家より塗る面積が少し多いため」との回答でした。

2016年には亀裂が2階部分、そして屋根まで到達したので、再度点検してもらうと前回と同じ回答になりました。

2018年9月に駐車場の擁壁と土間の間に隙間が空いたので補修のための点検に来てもらうことがあったので、外壁の亀裂についても再点検してもらいました。

どうしても気になるので修復してほしいとお願いするとこれまでの回答と同じでしたが、駐車場土間の工事で左官屋さんが来るというので、外壁の補修も左官屋さんに見てもらおうということになりました。

後日左官屋さん(建築会社の社員ではなく外注の一人親方)に見てもらうと、「この家の外壁は自分が施工した。色は6色混ぜて作ってある。経年劣化もあるし、サンプルで破片をもらってそれに合わせて色を調合して修復します」と、欠けたモルタルの破片をサンプルとして持って帰りました。

後日、その左官屋さんが来て(高校生らしい孫と一緒に)修復しました。

内容は、モルタルでヒビを充填、水で濡らしたハケでなじませる。というものでした(写真右参照)。不思議に思い「色の調合のためにサンプル持って帰ったけど、色付けないの?」と尋ねると、「寒くなるとモルタルが膨張して亀裂は埋まる。色もしばらくすると馴染んでくる」と言われました。屋根まである亀裂も孫が脚立に乗って手の届く範囲までしかやってません。その際、「こちらも○○ハウスさんとは20年以上の付き合いだから納得してね」と言われました。



先日、室内側の窓枠から斜め下に向けてクロスが破けていたり、外壁から出ている塩ビパイプ?が1cm外側に抜けていたのでその件も含めて建築会社社長に電話しました。(上記のクロスは別のスレッドで質問中です)

その際に再度外壁の亀裂について、近所の同様の外壁の家には亀裂がないのにこれまでの対応には納得いかないと言うと、「よその家と工法が違う。こちらはヒノキの板の上にモルタルを塗っているから」とこれまでに無い回答でした。

そして「10年保証とは何でもかんでも保証するものではない。外壁は雨漏りしたら対応するけど」と言われました。

この外壁に対する要望は10年保証外で諦めなければいけませんか?

雨漏りが無くても「住宅品質確保促進法第70条に基づく「住宅紛争処理の参考となるべき技術基準」」の「湿式の仕上材による仕上げ」のレベル2か3に該当するような気がします。



この亀裂はこの修復方法で正解ですか?

こちらとしては調合された色で2階部分まで修復するのが当然だと思うのですが。



長文で申し訳ございませんが何卒ご教授お願いします。


2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  石神 昭二 2019/01/28   
 写真を拝見しましたが、外壁の出隅部にひび割れが起こっており、ひび割れの巾が0.60mm程度で、モルタル塗の厚さと同じ深さであろうと見受けられます。



 ひび割れが見られる箇所の内部は漏水の症状は見られますでしょうか。或いはその他の箇所に漏水の痕跡は見られるでしょうか。



 施工会社のコメントについて私の所見を記します。



 「左官工事を面毎で行ったのでモルタル同士がくっついてない」

 「プラスチック部材との馴染みがあまりよくない」

 プロの左官職人としてこれらの状況を理解しているのであれば、それを想定した仕事をすべきですので、言い訳としか理解できません。



 出隅部に取り付けるプラスチック部品は、モルタルの出隅を綺麗に表すための定規として取り付ける部品です。今回の様なモルタル外壁に必要な部品ですから、この部品の取り付け方に問題があると考えます。この部品があってもひび割れが起こらない施工をするべきと考えます。



 出隅部分で面の縁が切れるので、モルタル塗工事を別の日に行っても何ら影響は起こりません。



 「モルタルは4cmの厚みで塗り、防水シートがあるから雨漏しない」

 モルタル塗は通常であれば16mmから20mm程度で、40mmという厚さでは無いと考えます。図面に厚さが表示されている事がありますので、確認して下さい。

 外壁はモルタル塗工事の前に防水シートを張りますので、モルタルにひび割れが発生しても、そこから雨漏りは起こらないと考えます。しかし、防水シート張り工事の施工不良があれば、そこから雨漏りが発生します。或いはひび割れに追従して防水シートが割れる可能性も考えられます。



 「修復すると色が変わり目立つから、亀裂の様子を見る」

 ひび割れに沿って補修すると、コメント通りに色が変わります。しかしそれを理由に様子を見るという対応は誠意が感じられません。すでに相談者様が最初に問い合わせてから4年経ってますので、さらに様子を見る必要はないと考えます。



 「ほかの家より塗る面積が少し多い」

 「寒くなるとモルタルが膨張する」

 これらのコメントは理解できません。モルタルは収縮します。・





 「他の家と工法が違う。ヒノキの板の上に塗っている」

 工法については判別できませんが、通常はヒノキ板をモルタル塗の下地には使用しないと思います。



 ひび割れの原因は、モルタル下地の施工不良・モルタル塗の厚さが不足している・モルタルの調合が仕様通りでない等の原因が考えられます。



 室内のクロスの不具合と併せて施工会社と利害関係のない建築士(専門家)に調査を依頼してはいかがでしょうか。



 施工会社のコメントにある10年保証の内容は不明ですが、住宅瑕疵担保責任履行法による保険は構造部分と雨漏りが対象です。



 ひび割れの様子を見るという事で10年を超える場合が考えられますので、10年保証の範囲で補修工事を行える様な対応を強く要望して下さい。





 




石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2019/01/29   
石神様

コメントありがとうございます。



これまでは施工会社と当方の1対1で、先方の言われるまま「あ、そういうもんなんだ」と自分を納得させてきました。

しかし石神様のコメントを見て、私の疑念が文章に表現されており心のモヤモヤが少しずつ晴れてきました。



外壁ひび割れ箇所に漏水の跡はないようです。

しかし今後、石神様のおっしゃる様にひび割れに追従して防水シートが割れる可能性を考えると心配です。



今朝、「受託リフォーム・紛争処理支援センター」に電話相談しました。

こちらでは建築士と弁護士との相談になり、現地に行くことはないそうで、

やはり、第三者を入れて現地確認したほうが解決が早いとアドバイスを受けました。

家族で話し合い、利害関係のない第三者に依頼しようと思います。



明日の午前、窓枠クロスの件で施工会社社長が自宅に来ます。

第三者に依頼することも含め、こちらの意思を伝えようと思います。



またご相談させてください。

よろしくお願いいたします。

< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^