住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


施工の雑さ
【専門家に質問】
マイホームブルー 2018/11/28   
■ ご相談・ご質問の内容

現在新築工事中です。
釘の打ち方が悪いと思われます。
どう思いますか?
3件のコメントが投稿されています(1-3を表示)。
No.1  マイホームブルー 2018/11/28   
まだまだたくさんあります。
No.2  マイホームブルー 2018/11/28   
まだまだあります。
No.3  石神 昭二 2018/12/02   
 マイホームブルー様の御指摘通りに、釘打ち箇所に施工の粗さが見られます。一枚目・二枚目の写真に見られる箇所は雑な施工ですが、施工が悪いとは言えないと思います。

 三枚目の写真では、釘が部材の縁を突き抜けております。この箇所は、外壁の合板の留付け釘と見受けられます。

 合板が耐力壁として設計された場合、釘の規格・釘の長さ・釘打ち間隔が認定で決められており、規定通りの施工で設計耐力を発揮します。ただしこれらの仕様は釘が部材に留付けられた施工が必須です。

 写真の様に部材に留められてない釘では認定通りの耐力は発揮できませんので、問題がある施工と考えます。

 対策としては、この釘を無視して増し打ちする必要がありますので、施工会社に手直し工事を要望して下さい。


石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^