住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


中古長屋の傾き
【専門家に質問】
なる 2018/10/21   
■ ご相談・ご質問の内容

中古連棟長屋の中間戸(30M2以下、築不詳)の購入を考えています。
傾きがあるようで内部中心近くの押し入れの戸を閉めても上の方が5センチほどの隙間がきます。
質問としましては①どの程度の金額リフォームが必要でしょうか?②傾きは連棟全体のものでしょうか?(柱?かどうか不明ですが建具に亀裂がはいっていたりもします。)
素人では何とも判断しがたくどうぞよろしくおねがいいたします。
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  荒井 康矩 2018/10/21   
傾きの程度、原因、その他の症状を確認しないことには必要な工事がわかりませんから、工事費用は判断しようがありません。

建物全体の調査をしたうえで、その結果次第では部分的ではなく(対象の住戸だけではなく)建物全体の補修・補強が必要になる可能性もあります。

5cmの隙間は極端ですが、5mmでしょうか。5cmなら戸が外れて居そうにも思われますが。

荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。
No.2  石神 昭二 2018/10/22   
 リフォームについてですが、金額よりも先に専門家(建築士)による住宅の調査を強くお勧めします。傾斜は壁・柱に見られるようですが、床にも見られる可能性が考えられます。傾斜が見られるという事は基礎又は地盤に原因があります。或いは木造軸組みの構造的な不具合が原因と考えます。これらは専門家(建築士)の調査で判明すると思われます。

 当該住宅は長屋建てですから、検討している住戸だけの問題ではない可能性が十分考えられます。

 検討してない住戸の内部調査は難しい事から、外部調査による判断になりますので、不具合の全てを調査できないと思います。

 従いまして、調査及び補修工事は検討している住戸以外は難しい事を承知して下さい。



 
石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^