住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


ノボパンSTPⅡ シミ
【専門家に質問】
匿名 2018/06/08   
■ ご相談・ご質問の内容

一週間前 強い雨の日に上棟されてノボパンまで貼られていました。上棟から6日後に一日中降る強い雨の日がありました。ノボパンが貼られてから8日後の写真でシミができています。これはノボパンの強度に影響はありませんか?また、これから4日後に防水紙が貼られる工程表を建設業者から渡されていますが これから4日間の天気予報はすべて雨の予報で不安です。現場ではブルーシートで壁養生もされていないのですが 大丈夫でしょうか?
4件のコメントが投稿されています(1-4を表示)。
No.1  石神 昭二 2018/06/08   
 ノボパンのHPに相応の耐水性があると記載されておりますが、数日間に亘り降雨に晒された状況は心配の事と思います。

 写真には染み程度で、材料の膨張及び反り等の不具合は見られませんが、釘の錆が見られます。

 構造用合板は釘の耐力により壁強度が発揮されますので、錆を現状より進行させない配慮が必要と考えます。

 施工会社に早急に防水シートによる養生を強く要望して下さい。

 
石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2018/06/09   
石神先生 ご教示本当にありがとうございました。ノボパンに問い合わせましたところ、ノボパンも施工後は速やかに防水シート張るようにとホームページにも記載している事、上棟日と天候状態から考えると早急に防水シートを張る必要があるということでした。その旨、施工業者に伝え防水シートを本日張ることになりましたが、この錆の写真を撮りました後も滝のような雨に小1時間晒されています。
釘の錆は大丈夫か不安です。防水シートに隠れて釘のさびが確認できなくなっていますが 大丈夫でしょうか?
No.3  石神 昭二 2018/06/09   
 現在の釘の状態が不明ですが、写真では錆汁が垂れた状況です。写真の状態よりも錆が進行する事は何としても避けたいと思いますので、施工会社の早急な対応は良かったと考えます。

 錆の状況を判断する責任者は、現場監督又は設計監理者ですので、現状を的確な判断を求めたいです。

 しかし、問題があるという判断をすると、釘の打ち替えを実施する事になりますので、相当な手間がかかります。施工会社はこのような手間を掛けませんので、的確な判断をするかは難しいと思います。

 ノボパンが明らかに膨張・反り等の不具合が見られない場合は、現状のままで工事が進むと思います。

 住宅の耐震性を発揮する重要な部材ですから、防水シートの工事が始まる前に、相談者様の厳しい目で現状を検証して下さい。その時に不具合が見られた場合は、手直し工事を毅然とした態度で強く要望して下さい。


 
石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.4  匿名 2018/06/10   
石神先生
本当にありがとうございました。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^