住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


仮契約を迫られています
【専門家に質問】
匿名 2018/04/24   
■ ご相談・ご質問の内容

マイホームの建築購入に向けて、ハウスメーカーと打ち合わせを進めています。
そのような中で、先般、営業担当者から「これ以上の詳細な打ち合わせに進むためには仮契約が必要である」「期間限定キャンペーンの特典を受ける権利を確定させるという点からお客様にとっても良いこと」との話があり、仮契約を迫られています(今月中の!)。
民法上、「仮」契約などという契約が無いことも理解していますが、営業担当者の話も理解できますので、応じなければいけないのかな…という感じになっています(キャンペーンは期間限定とはいえずっと同じようなものが年中行われているのもわかります)。

一方で、当方の考え方としては、このHMで家を建ててることは99%決めております。
また、状況としては、土地がまだ未確定です。造成前分譲地(現在、農地転用許可中の模様)の計画段階の情報提供を受け、そこに建設する前提でほぼパーフェクトな間取りとその間取りに基づく簡単な見積もり(建物本体(本体含として太陽光やトイレ、洗面台、外壁仕様など)のほか給排水、カーテン、エアコン、照明、外溝、諸経費含み(それぞれ概算額が記載)、キャンペーン値引額も記載)がHM側から提示されています。

このような中において、仮契約を結ぶことにリスクは無いのでしょうか?
そもそも、一般論としてそのHMで建設することに決めていれば、何も悩む必要は無いのでしょうか?

もし、リスクがあるとすれば、どのような点について仮契約書をチェックし、HM側と協議すれば良いでしょうか。ご教示願います。
0件のコメントが投稿されています(1-0を表示)。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^