住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


門柱、インターホンについて
【全員に質問】
匿名 2018/04/03   
■ ご相談・ご質問の内容

現在新築工事中です。
門柱に設置するインターホンは打ち上わせでは右側につく予定でしたが施工会社が左の方がよいからと左に付けていました。事前相談はありませんでした。
右利きの方の方が多いのと、右にあった方が門柱の前に留まっていてくれそうな気がしているのですがいかがでしょうか?個人的にはパースで見慣れたせいか右にあった方が見た目もしっくりくる気がします。やり直しは出来るそうなのでやってもらうか検討中です。皆様のご意見を伺えますと幸いです。よろしくお願いいたします。
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  石神 昭二 2018/04/04   
 写真を拝見すると門柱の左側が玄関へのアプローチと見受けられますので、インターホンの位置を左に付けたと思われます。

 今回の場合はインターホンの位置に正解はないと思いますので、御家族と相談して決めてはいかがでしょうか。

 位置の移設は可能ですが、門柱の中に電気配線があり、インターホンの内部には取付け下地材があるので、撤去後の補修工事の状況及び移設箇所への電気配線と取付け下地材を設ける工事を考えると、タイルの再施工が必要になりますので、施工会社と協議して下さい。

石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2018/04/15   
アプローチ側にあったほうが、しっかりカメラで来訪者をとらえることができるので、げんじょうのままでよいと感じます。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^