住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


タイルが傾いている?許容範囲ですか?
【全員に質問】
匿名 2018/02/01   
■ ご相談・ご質問の内容

新築建築中で、足場があと少しで外れるので外壁の確認に行ったのですが、隙間が小さいのでタイルが貼れないと言うことで隙間が空いています。

そのときは納得して帰ったのですが、よくよく考えてみるとそれ以前の問題で、外壁のうち右側の方は隙間がないのに左側だけが1cm弱開いているのは、タイルか、軒天が傾いて張られているもしくは、家が傾いているのではないかと思って心配になってきました。

このようなものなのでしょうか?
11件のコメントが投稿されています(1-11を表示)。
No.1  匿名 2018/02/01   
上は左側で、こちらは右側です。
No.2  石神 昭二 2018/02/02   
 天井の水平精度に問題があるのか、タイル貼りの施工に問題があるかは写真では判りませんが、間違いなくどちらか(両方?)の施工不良が原因と考えます。

 天井張りが傾斜した施工が原因の場合は、天井下地材の調整を行って天井材を張り直す工事になりますが、天井周囲の納まりに不具合が発生する可能性が考えられます。

 タイル貼りの精度が原因の場合は、壁面全体を貼り直す工事になりますので、壁の端部の納まりに不具合が発生する可能性が考えられます。

 レベルという測量器具で水平精度を測定すれば原因が判明すると考えますので、施工会社に測量を要望して良いと思います。


石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.3  匿名 2018/02/03   
回答ありがとうございます。

ちなみに、このくらいの隙間が空いていると今後何か問題が出てくることがありますか?

見た目の問題もあるので出来れば直してもらいたいのですが、軒天に関しては模様の方向で1度直していただいているのでこの位なら大丈夫の一言で済まされそうで・・・
No.4  石神 昭二 2018/02/03   
 天井とタイルの隙間は天井又はタイル貼の施工精度の不具合と思いますので、将来的に何らかの問題が発生する可能性は低いと思います。

 この部分は玄関前の天井と見受けられますが、このような隙間について施工会社は何らかの対策を提示したのでしょうか。隙間を充填するシーリング材の補修工事でしょうか。

 外観上の問題と捉えると、相談者様の御理解と御承諾があればこのまま手直しをしない対応ではないかと思いますが、施工会社の対応はいかがでしょうか。

 この部分の全体を拝見しないと、今回の不具合の詳細が分かりませんが、天井或いはタイルと同色のシーリング材で補修した場合の外観を考えた時に、相談者様が納得できるのであれば、シーリング材の充填で済むと考えますが、右と左で隙間が違う施工を承諾できないとお考えであれば、天井又はタイルの手直し(造り替え)を強く要望して良いと考えます。


 
石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.5  匿名 2018/02/04   
昨日、現場監督さんに天井とタイルのどちらの水平がとれていないのか調査していただくようにお願いしました。

家の引き渡しがある前から隙間が生じていたことを承知していただくためと、何か問題があった時このままだと、原因がわからなくなってしまうと困るからです。


監督さんの話では、木造のツーバイフォーの家は家自体が落ち着くまでに2~3年掛かり軒天が張られてからの期間ではじめは水平が取れていたものが、水平が取れなくなってしまったかもとのことです。

ただ、こちらの場所は玄関の下屋の部分ではなく2階の天井部分なのですが、法的な観点からすると右端から左端まで8m弱あるのですが、その長さの中で8ミリくらいは問題ないみたいなことを言われました。(家の4隅のうち3つはまっすぐ張られていて、一つの隅だけが一番広いところで8ミリ開いています。)

監督さんの一存では答えられないこともあるかと思い、水平の調査をお願いした上で、会社としてどのような対応策を立てていただけるかを答えていただけるようにしたところでその回答待ちです。

ところで、この部分はタイルの職人さんが一番はじめに張り始めた部分なので軒天部分の不良を今は疑っているのですが、ここまで作業が進んだ状態で作り替えできるものですか?
No.6  石神 昭二 2018/02/04   
 私の所見では水平精度の不具合と見受けられますが、天井の精度に問題がある様に思われます。

 全体の巾が8000mmで誤差が8mmですので、傾斜角は8/8000=1/1000となりますが、傾斜角については法的な基準ではなくて施工会社の施工品質基準の範囲です。

 写真を拝見すると天井と壁が接する箇所に見切り材が設けられておりますので、完成時は今回の誤差が見切り材で隠れる状態になると思われますがいかがでしょうか。

 現場の進捗状況を考えると、数日後には足場が解体されますので、施工会社の対応について早急に回答を求めて下さい。



石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.7  匿名 2018/02/05   
写真を小分けにしてしまったので分かりづらくてすみません。

天井と壁が接する箇所にある見切り材なのですが、換気するための穴で中央の部分にしかありません。ですので、一番はじめの写真の状態が完成形の物になります。

雪が降ったため行程が遅れているのでまだ足場が外れていませんが元々の予定だとはじめに質問させていただいた日には外れている予定でした。
No.8  石神 昭二 2018/02/06   
 壁と天井が接する箇所の見切り材は、通気口として設けられていると伺いましたが、今回の不具合を覆う為に同じ部品を取り付ける処置を要望してはいかがでしょうか。

 相談者様が納得のいくまで改善して頂く様に強く要望して下さい。


石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.9  匿名 2018/02/08   
今日連絡があり、レベルでの水平調査により壁の右側の方にも隙間があるため、軒天が左の方へ3mmズレていると報告がありました。

どのようにしていだだけるか聴いたところ、基本的には誤差の範囲ということでこのままで行きたいとのことだったのですが、他に方法がないか聞いた所タイルを隙間に埋め目立たなくするとの答えをいただいたのでそのようにお願いしました。
No.10  匿名 2018/02/08   
この方法でよかったのかと、こう言う場合なにか施行会社の方にお願い、例えば会社の名前でなにか一筆頂いたりするものかどうか教えてください。
No.11  石神 昭二 2018/02/08   
 施工会社へ書面を要望するか否かは相談者様の判断に任せます。今回の場合は将来的に不具合が発生する事態にはならないと思われます。

 天井と壁タイルの隙間へタイルを貼る手直しを行うようですが、非常に狭い隙間ですから、このタイルの水平性や表面の段差の不具合が予想されます。従いまして、手直し後の施工品質は相談者様が良否の判断を行って下さい。

 先のメールにもコメントしましたが、壁と天井が接する部分の全てに写真に見られる見切り材を設ける方が宜しいと思います。


石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^