重要事項説明書の基礎知識や注意点

宅地造成または工事完了時における形状・構造等


 土地の造成中や建物の完成前に売買契約を行うこともあります。完成したものを購入した場合には、現況の把握は容易ですが、未完成の状態では完成後のイメージをし辛いものですよね。

 そこで、未完成であるならば、完成時の状況を記載して説明する必要があるのです。ただ、この欄はほとんどの重要事項説明書で非常に小さなスペースとなっており、そこには、「別紙○○○○を参照」などと書かれていることが多いです。

 土地も建物も完成時の形状等を容易に説明できるものではないので、このような形をとっているのですが、なかには重要事項説明を受ける時点でその別紙を受領していないケースもあります。これでは、何も説明したことになりませんね。

 必ず、書面を受け取ってその内容をしっかり確認し、イメージしていた住宅であるかどうか確認してください。

 土地であれば、土地分割図や地積測量図(確定前)と公図などを合わせて受領し、現地の様子を照合しながら確認しなければなりません。

 建物であれば、仕様書・各階平面図・立面図などの設計図書を受領して確認してください。簡単な間取図だけで契約される方もいらっしゃいますが、新築住宅でそれはあり得ないです。売主に設計図書を要求してください。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^