中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンション購入のメリット 〜金利上昇リスク〜


中古マンションを購入する方の多くが住宅ローンを利用しますね。住宅ローンを借りれば、当然ながらその金利を支払っていかなければなりません。

さて、ここでも新築マンションとの対比です。新築マンションの多くは青田売りのために、契約した時点では実際に利用する住宅ローンの金利がわかりません。契約から住宅ローンの借入(通常はマンション完成の頃)までに経済状況が変わってしまって、住宅ローン金利が上昇してしまうこともあります。

しかし、中古マンションであれば、多くの売買において契約から住宅ローンの借り入れまでの期間は2ヶ月未満ですので、大きな金利変動リスクはなく、たとえば金利が上昇してもその影響は軽微です。

ただし、長らく低金利が続いているので、この点のメリットは新築マンションと比べても今のところはそう大きくないとも言えますし、逆に金利は下がることもありますね。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^