中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンション購入のメリット 〜実物を見て選べる〜


中古マンションを購入するメリットは、新築マンションを購入する場合と対比するとわかりやすいです。新築より安くて購入しやすい価格帯であることもそうですが、青田売りが中心の新築マンションと違って、中古マンションなら購入する部屋を直接に見学して選べる点も大きなメリットです。

冷静に考えれば、数千万円の大きな買い物であるにもかかわらず、実物を見ずに購入する方が不思議なぐらいなのですが、新築マンションであればそれが当たり前になっています。

中古マンションならば、実際の部屋の中を見れるので、新築マンションでありがちな、「こんなに狭いの!?」などというイメージの相違が起こることはほとんどありません。

新築マンションは、完成時の内覧会で初めて購入した部屋を見るのですが、そのときに前述のような驚きの反応を示される方もいるのです。

実物を見れるということは、部屋の広さだけの問題ではありません。しばしば問題となる日照(日当たり)についても、確認しやすいですし、眺望も見て確認できます。そして、室内はもちろん、共用部の劣化状態を確認することもできます。ただ、劣化状態の診断は難しいので、建築士による中古マンションの建物調査を依頼するのも方法です。

部屋のなかや居住環境をイメージしやすいことは、中古マンションを購入する大きなメリットと言えるでしょう。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^