中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンション購入のデメリット 〜長く住みづらい?〜


マイホームという大きな買い物をするときにメリットだけを見ていては後悔することになりますね。どんなものにでも、デメリットはあるものですが、そのデメリットも頭に入れて購入判断した方が良いでしょう。

中古マンションを購入する上でのデメリットの1つは、「長く安心して住むことができるか?」という点です。基本的には、ほとんどのデメリットがこれと関係する心配だと言えます。

建物の劣化が激しくて、長持ちしないマンションもあります。耐久性の問題ですね。終の棲家として購入した中古マンションなのに、古くなってから住めないようでは困りますよね。

もちろん、古くなって・・・ということを考えれば新築でも同じなのですが、中古マンションの場合、購入時の築年数や購入者の年齢によっては切実な問題となりうるのです。

40歳で築20年のマンションを購入したとします。80歳のときには、築60年です。このときになって、そのマンションの劣化具合や管理状態などから、もう安心して居住できない状況だとしたら、、、怖いことですよね。

築年数を単純に数値として挙げるとわかりやすいので、上記のように書きましたが、実際には各マンションの劣化具合、管理状態などは大きく、大きく異なるものです。あなたが購入した中古マンションが良くなければ、このようなリスクが現実のものとなってくるので注意した方が良いでしょう。

やはり、中古マンション選びは慎重にしたいところですね。

ちなみに、高齢になってからマンションの建替えをすることになれば、いろいろと管理組合等の話し合いの労力・手間などが大変ですし、建替えの資金を用意できるかどうかも大きな問題となってきます。

こういった将来のことがデメリットとなりうるの頭に入れておいた方が良いでしょう。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^