中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンション購入のデメリット 〜管理組合が面倒〜


ここで挙げることは、「中古」マンションに限らず、「新築」マンションにも言えることですので、一戸建て住宅との対比で考えてください。

マンションを購入すれば、管理組合があり、その活動に参加しなければなりません。一戸建てであっても町内会がありますが、マンションの管理組合ではマンションの維持・修繕・管理などについて話し合いをしながら運営していくもので、これはそのマンションの資産価値とも深い関係があるものですから、町内会とは異なってきます。

マンション所有者の共通の財産に関する活動ですので、重みが違うといえば良いでしょうか。

マンションによって異なりますが、年1回の総会や毎月の理事会などがあります。大規模マンションであれば、修繕委員会などの各種委員会が開催されることもあります。もちろん、これらの全てに居住者全員が出席するわけではないですが、数年に1回は担当が周ってくることが一般的です。

こういった管理組合の活動を面倒だと感じる方もいるでしょう。面倒な方にとっては、デメリットと言えますね。一方で、希薄になったご近所付き合いを改善できる良い機会ととらえている方もいます。これは、個々の考え方次第ですので、自分にとってメリットなのかデメリットなのか、よく考えてみましょう。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^