一級建築士のアドバイス(中古住宅編)

中古一戸建て住宅の耐震性


稲久保:
では、次の質問です。よく耐震性が心配という問い合わせがありますが、何かアドバイスはありますか?

丹波さん:
最近の新築物件に関しては、きちんと、柱、壁、筋交いがバランスよくついていれば、プラン上はそんなに大きな心配はないと思います。

逆に、古い物件の耐震性に関しては、縁側の廊下や、屋根の瓦が重たいなどで耐震性が少し弱い事が考えられます。最近の物件の方が強いです。

現実に物件を見に行った時は、老朽化していないかどうかなども確認をして、耐震診断をします。最近の物件は、きちんとしたバランスで建築をされていれば結構強いです。もちろん、施工精度の問題は別ですが。

稲久保:
中古一戸建てで、築年数が古い物件は耐震診断をした方が良いですか?

丹波さん:
これは、一概にそうとも言い切れないです。
物件を見れば耐震性について、大丈夫か大丈夫じゃないかはある程度わかります。
建物調査をして耐震診断をした方が良いですよという時と、そこまでは必要ないですよという事があります。

稲久保:
なるほど、中古一戸建て建物調査で耐震診断をした方が良いかどうかのアドバイスも可能なんですね。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^