中古住宅購入の素朴な疑問

そもそも中古住宅を買って大丈夫なのか?


 住宅購入を検討している多くの方が、中古住宅より新築住宅を購入したいと考えています。新しく綺麗な方が良いと考えていたり、中古物件より新築の方が丈夫で長持ちするだろう、と考えていたりするからですね。

 しかし、今、中古住宅への注目が高まってきています。それは、新築よりも購入しやすい価格ということもありますが、中古住宅のメリットが認識されつつあることと、デメリットとなっていた建物の劣化などをリスクヘッジする方法が普及してきたことが影響しています。

 中古住宅のメリットは、新築と同規模であれば安く買えることです。また、新築と同価格ならばもっと敷地や建物が広い住宅を買えるともいえます。住宅購入において、予算が購入判断に与える影響は大きいですから、メリットと言ってよいでしょう。

 そして、建物に関する問題点(劣化・耐久性など)をリスクヘッジする方法としては、第三者の住宅診断(ホームインスペクション)の普及があげられます。専門家が建物を診断して問題なければ、安心して購入することができますね。

 疑問とされている「中古住宅を買って大丈夫なのか?」については、しっかりリスクヘッジ(住宅診断を利用)するならば、買っても大丈夫だと言えるのではないでしょうか。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^