中古住宅購入のチェックポイントと注意点

売主が不動産業者の場合の瑕疵担保責任


 リフォーム済み中古住宅の売主は不動産会社であることが多いと書きました。

 不動産会社が中古住宅の売主である場合のメリットとして、リフォーム済み中古住宅なら購入しやすいことも挙げました。一方で、問題点が隠されてしまっている可能性がデメリットだとも書きましたね。

 不動産会社が中古住宅の売主である場合の他の特徴についてもお話しておきます。

 多くの中古住宅の取引では、売主には瑕疵担保責任がありますが、「中古住宅の瑕疵担保責任に注意」でも書いたように瑕疵担保責任の期間は引渡しから3ヶ月以下です。なかには、免責といって売主の瑕疵担保責任を免除している契約もあります。

 しかし、不動産会社が売主である場合には、瑕疵担保責任の期間が長く、引渡しから2年(2年以上と規定されているが多くの取引で2年となっている)なのです。中古住宅では、購入後にどのような問題が生じるかわからないので、買主の立場から見れば瑕疵担保責任の期間が長い方が良いですね。

 ですから、この点も買主のメリットと言えます。

 ただ、繰り返しになりますが、リフォームして表面だけ綺麗にしていることが多く、建物の状況を把握しづらいのも事実なので、建物のチェックはしっかりやっておきましょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^