新築マンションの元営業マンの裏話

抽選では手付金の額は多いほど欲しい住戸が当たる?


 前回のお話はバラについてでした。その中で抽選の事に触れましたが、手付金が多いほど抽選に当たりやすいかどうかというお話です。

 答えは手付金の多少には関係無いという事になります。

 不動産を購入(契約)する際は、手付金が必要です。そこで手持ちの資金を手付金として支払う訳ですが、基本は売買金額の10%を振込みます。(現金で支払をする場合もあります。)手持ちのお金がそこまで無い場合、売買金額の5%程度でしょう。

新築マンション

 抽選の当選確率を上げたいからといって、手付金を多くしても意味がありません。むしろ「金を積むから当てろ」という人は、ルールにのっとった行動をしないという事を自ら示すもので、売る側からすれば警戒すべき人という事になります。

 抽選になっても当たりたいというのは人情ですが、正規の流れに沿って行動することをお勧めします。

 手付金イコール自己資金とは限りませんが、住宅を購入するのであれば自己資金は多ければ多いほど良いものです。

 借り入れが多ければ金利負担が増えますし、身内の資金援助が多いと相続時精算課税制度の精算対象額が増えるという点には注意が必要です。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^