新築マンションのチェックポイント

マンションの防犯面のチェック


 マンションを購入するときには、防犯に関することも確認しておきたいところです。防犯といえば、防犯カメラの有無ですがその設置箇所に死角が多くないか確認しないといけません。新築マンションではセキュリティシステムの導入は当たりまえになっていますが、一応、有無を確認しておきましょう。

 また、外部の人がオートロックなどの鍵のあるドア以外に侵入できるスペースがあるようなら要注意です。たとえば、駐車場から共用廊下へちょっとした壁を乗り越えれば侵入できるマンションを見かけることがありますが、それではオートロックがあっても無くても一緒です。

 次に、敷地内の見通しです。敷地内に死角となる場所があるのはダメです。購入する住戸の玄関からエレベーターホールがまったく見えない場合は、その住戸の防犯性にマイナス影響です。マンション1階のエレベーターや非常階段の入り口が管理人室から見えないといったプランも建物内で侵入者が上階へ移動しやすく防犯上はマイナス要素です。

 逆に、マンションの共用廊下やエントランスなどから、駐車場が見渡せるのであれば、車上荒らしに遭いにくいでしょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^