住宅購入時に関わる会社

司法書士事務所


住宅を購入したり新築したりすると、不動産登記を行います。その登記の申請等を行うのが司法書士です。

住宅の購入や新築の際に必要となる登記にもいろいろなものがあります。

新築した場合には建物の保存登記を行い、登記されている建物(中古住宅など)を購入した場合には所有権移転登記を行います。土地を購入した場合も所有権移転登記です。住宅ローンを借り入れすれば、その貸し手(金融機関)の抵当権を設定します。

また、土地面積や登記されている所有者等の情報(住所等)に変更があった場合はその変更登記をすることもあります。

住宅購入者の多くは、不動産会社から紹介された司法書士事務所に登記を依頼して、その報酬や登録免許税などを支払うことになります。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^