「土地探し」講座


道路条件(1)道路の幅員


土地選びをする上で、かなり重要なチェックポイントと言えるのが「道路」です。ただ単純に、
人や車などの通行の利便性だけを考えれば良いというものではありません。
道路の条件が違えば、すぐ近所の同じような形状、面積の土地でも大きく資産価値が異なることも
よくあるものです。

道路のチェックポイントの1つめが「幅員」です。つまり、道路の幅です。

目安は4メートルです。4メートル未満の道路に接する土地の場合は、新築する際に
「セットバック」しなければなりません。「セットバック」とは、道路の中心から
2メートルの位置までを道路として提供し、そこには新たに建物などを建てることができません。
(このセットバックの距離の計算には例外もあり)

購入希望の土地に接する道路が4メートル未満であれば、上記のセットバックの可能性が
高いことを意識しておきましょう。

道路条件

その道路に接する土地のが全てセットバックを完了すると、4メートル幅の道路になるのですが
、 該当する土地上の建物の全てが建て替えなどをするのには長い月日がかかります。

ですから、現状で4メートル以上の幅がある道路が理想です。

ちなみに、土地の価格を算出する際、一般的にはセットバックする部分の面積は計算外とします。
建物の敷地として使えない土地ですから、その部分は無価値と考えるわけです。

ただ、道路は幅員だけでは判断できませんので、次の道路の種類もチェックしてください。
○専門家に依頼するなら
第三者の建築中の住宅検査

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^