地鎮祭の基礎知識

玉串奉奠について


玉串とは、榊(常緑樹)の枝に紙垂(しで)をつけたもので、儀式ではこれを神に捧げます。
その玉串を祭壇に捧げることを玉串奉奠といい、作法に決まりがあります。
施主、ご家族、施工者の順に玉串を神前に奉納していきます。

・神主から玉串を渡されたら、右手で玉串の根元を上から持ち、
 左手は葉先を下から支えるようにして持つ。

・玉串案=机の前で一礼。

・時計回りに四分の一回転。玉串の根元が自分に向くよう右手を引き寄せる。
 (葉先が神前に向く)

・手を持ち替えて時計回りに更に半回転。(根元が神前に向く)

・玉串案の上に置き、二礼二拍手一礼。

玉串奉奠に限らず儀式には決まりごとがたくさんありますが、
神主がその都度教えてくれますので、何も心配する必要はありません。

○専門家に依頼するなら
第三者の建築中の住宅検査

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^