住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建売住宅(分譲住宅)購入の基礎知識

建売住宅(分譲住宅)と図面(設計図書)などの必要書類

住宅を購入する上で、抑えておきたいチェックポイントの1つがその住宅に関わる書類の有無と受領です。それらの書類は、住宅購入の判断材料として重要ですが、契約後のトラブルを減らすためにも、将来の点検・リフォーム・メンテナンスなどのためにも、とっても重要なものだからです。

では、具体的にはどのような書類が必要なのでしょうか。一覧にしみてた方がわかりやすいですね。以下は木造軸組工法(在来工法)を例とした場合です。

・設計図書
建物概要
設備概要
仕様書
内部・外部仕上げ表
敷地配置図
各階平面図
立面図
断面図
矩計図
平面詳細図
基礎伏図
各階床伏図
小屋伏図
軸組図
電気設備図
給排水設備図
金物配置図
建具リスト
壁量計算書(又は構造計算書)
地盤調査報告書
確認申請書(1〜5面)
中間検査合格証(自治体・構造等によっては不要)
検査済証

・その他
地積測量図
公図
不動産登記簿謄本(土地・建物)

上記の設計図書は「せっけいとしょ」と読みます。建物のことを把握するために必要なものです。但し、工法によって設計図はかわりますので、常に上記と同じものが作成されているというわけではありません。

また、建売住宅(分譲住宅)の場合はあまり設計図がないことも少なくありません。上記の設計図書のうち、以下のものしかないことも、、、

建物概要
設備概要
仕様書
内部・外部仕上げ表
敷地配置図
各階平面図
立面図
断面図
地盤調査報告書
確認申請書(1〜5面)
中間検査合格証(自治体・構造等によっては不要)
検査済証

3階建ての場合は、上記以外に構造計算書があるはずです。

大手ハウスメーカーの場合は、最初にあげた設計図書が揃うことが多いです。建売住宅であれば、売買契約時にそれを頂くようにしましょう。注文住宅であれば、請負契約時点ではあまり細かな設計図書までないことが一般的ですので、引渡しまでに頂くようにしましょう。

問題は中小工務店や主にローコストの建売住宅(分譲住宅)を手掛けるような会社の場合です。2度目に挙げたような書類しか用意されていないことが少なくありません。強く交渉することで、他の書類も出して頂くようにしたいところです。

冒頭に記載したように、設計図書などの書類は、購入時だけではなく購入後の点検・リフォーム・メンテナンスにも必要となる大事なものです。それだけに、これらの書類をしっかり引き継ごうとしない会社は、購入者の将来のことまで考えていないことの裏返しでもあります。

自分のことは自分で守る術を考えなければいけませんね。

○専門家に依頼するなら
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断) 購入前
内覧会立会い・同行(一戸建て住宅) 購入後・引渡し前

建売住宅(分譲住宅)購入の流れと注意点【TOP】



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事