住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築前の建売住宅の購入の注意点

建築前の建売住宅購入が増えている

 以前は、新築住宅を購入するといえば、完成済みの建物を見学して気に入った物件を見つければ契約する(購入する)といった形が主流でした。いわゆる建売住宅の購入ですね。

 間取りやその広さ、キッチンや洗面、トイレなどの水回り設備も、内装のカラーも、そして建物の外観も、出来上がったものを見て購入判断をできます。

 しかし、最近では完成していない住宅の販売が増え、今では未完成の新築住宅購入が主流となっています。建築中の新築住宅を購入することもありますが、建築前、まだ工事が始まっていない段階でその住宅を契約するのです。

 広告で、「プラン変更できます」とか「間取り変更できます」と書かれていることがありますよね。それが、建築前の建売住宅である可能性が高いです。

 ちなみに、建築前であるため、売建て住宅などと呼ばれることもあります。以下で注意点などを詳しく見ていきましょう。

○専門家に依頼するなら
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断) 購入前
内覧会立会い・同行(一戸建て住宅) 購入後・引渡し前




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事