住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築前の建売住宅の購入の注意点

建築前の建売住宅を購入するデメリット

 今度は、建築前の建売住宅を購入するときのデメリットについて考えてみましょう。

 完成後の建売住宅との違いを考えればわかりやすいですね。やはり、実際に建物がないだけにイメージがわきにくいということが挙げられます。間取りは図面で確認できますが、広さをイメージしにくいことが多いです。図面に8畳と記載されていても、その広さを具体的にイメージし辛いのですね。

  「こんなに狭かったのか」
  「こんな色だったのか(フローリングを見て)」

 上記は、建築前の住宅を購入した方の竣工検査(内覧会)に立ち会ったときに、耳にすることがある買主の一言です。広さだけではなく、意外と色もイメージと異なることが多いのです。

 色や具体的な商品については、できるだけその会社が建てている別の住宅を見学させてもらうなどして、仕様の確認をしておくことをオススメします。これにより、防ぐことができることは多いです。良い不動産会社なら、自ら参考となる別の住宅を案内してくれるものです。

 「イメージと違った」「思っていたものと違った」というのは、よく聞くセリフですが、大きな買い物だけにこういったことはできるだけ防いでおきたいところですね。

○専門家に依頼するなら
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断) 購入前
内覧会立会い・同行(一戸建て住宅) 購入後・引渡し前




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事