住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

新築戸建ての住宅診断
【全員に質問】
ショウ 2017/08/28   
■ ご相談・ご質問の内容

建売を購入しました。
契約をすませたのですが、引き渡しはまだです。
契約時に建築確認の写し、平面図、電気図は契約書面に入っていたのですが、仕様書はパンフレットをご参照下さい。立面図等はありませんでした。パンフレットも色々な型番があり、トイレをウオシュレットに変更しようと量販店に行っても、型版がわかりませんで終わります。建売の場合は、どこまで言えるのでしょうか?
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  荒井 康矩 2017/08/29   
図面等の引渡し範囲については、よく問題になっていますが、明確な基準があるわけでもなく、買主としては契約前の時点で契約時や引渡し時に受領できる資料を確認しておくことが大事でもあります。

一般的に、以下の資料ぐらいは買主へ引き渡されることが多いです。

各階平面図
立面図
断面図(もしくは矩計図)
敷地配置図
仕上げ表(標準プランのものとして)
建築確認申請書と確認済証
中間検査合格証(該当する場合)
完了検査済証
地盤調査報告書
地盤改良工事報告書(該当する場合)

ところで、トイレの型番ですが、使用説明書で確認できないでしょうか?
引渡し時に説明書を受領されているかと思いますので、ご確認ください。


荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅コンサルティングのアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談