住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

外壁隙間からの在来アリの侵入は、建物の構造欠陥にあたるか否か
【専門家に質問】
匿名 2017/08/06   
■ ご相談・ご質問の内容

ハウスメーカーの「20年保証システム」を利用する為に、10年保証期間が終了する前に、「ハウスメーカーによる10年目の定期点検」を行い、メーカーが勧めるメンテナンス工事を有料(約170万円)で行いました。
しかし、20年が経過する前に(17年目)、家屋の北側の壁と南西の壁の「壁をシーリングとの継ぎ目部分」及び、玄関ドアの隙間の、合わせて3か所から在来アリが家屋に列をなし侵入しているのを発見しました。
屋内では、南西の1階と、その真上にあたる2階の出窓からアリが出入りしているのを発見しました。
玄関ドアのところについては、内玄関にアリは1匹も見当たらないため、壁の中に侵入していることが予想されます。
発見してすぐに市販の薬剤を、屋内、屋外の両方に散布し続けたおかげで今のところアリはいなくなっていますが、隙間はそのままの状態である為、補修工事が必要と考えています。
メーカーに事情を話しましたが、シロアリでない限り、保証の対象にはならないが、これが「基礎・構造上の欠陥」であるかどうかのチェックに来るとのことです。
この様な事象の場合、「基礎・構造上の欠陥」にあたるのか否か、アドバイスを頂けないでしょうか。または、ハウスメーカー以外の第三者検査機関に調べってもらったほうが良いのかどうかも合わせてアドバイス頂ければ幸いです。
ハウスメーカーは、全国規模のよく名前の知れ渡ったメーカーです。
宜しくお願いいたします。
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  森 一夫 2017/08/07   
「基礎・構造上の欠陥」にあたるのか否かは、現場を調査しなければ文面からだけではわかりません。
ご心配であれば、第三者に直接調査をご依頼されてはいかがでしょうか?
森 一夫(一級建築士、AFP)
Toolboxは設計者としてだけでなくライフデザインするという視点でアドバイスします。住宅の設計監理、ライフプランの相談にも対応しております。回答者のHPはこちら
No.2  匿名 2017/08/07   
アドバイスありがとうございました。専門家のご意見をお聞きすることができて、ほっといたしました。ハウスメーカーの調査結果を待ち、第三者機関の調査依頼を考えたいと思います。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談