住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

ずさんな施工だと思うのですが、このままでもよいのでしょうか?
【専門家に質問】
さかもとくん 2017/08/01   
■ ご相談・ご質問の内容

新築中ですが、工務店が仕様、図面を無断で変更していることが分かり、話し合い中です。
施工もいくつか気になることがあるので、これでよいのか、教えてください。
写真は、下屋の庇の垂木?を室内の間柱に直接釘留めしています。そのため、桁まで透湿防水シートが張られていません。他の部屋も同じように換気のためにわざと10cmほど上部をあけています。
まず、間柱に垂木を直接留めるのは普通なのか?透湿防水シートは桁まで張らなくてよいのか(有孔ボード仕様なので、軒裏換気だと思います)
よろしくお願い致します。
4件のコメントが投稿されています(1-4を表示)。
No.1  石神 昭二 2017/08/02   
 間柱は壁の内装材及び外装材を留めるための部材ですので、本来は他の部位の荷重を負担する部材ではないと考えます。

 間柱は梁へ斜め下方向から釘で留付けられておりますので、写真の様に垂木を取り付ける施工は、屋根の荷重が架けると間柱の釘が抜ける事態が予想されます。

 通常は柱・間柱の外側へ垂木受けを取り付けるべきです。垂木受けを柱へ取り付けて、受け材へ垂木を留付ける方法でないと屋根荷重を柱へ伝達できません。

 外壁防水シートの施工範囲ですが、外壁の下地ですので、外壁と同じ範囲で施工する考え方で施工されていると見受けられます。

 私はこのような施工についてコメントできませんが、外壁と天井が接する箇所の納まりによっては、雨水が浸入する可能性が考えられますので、梁まで張る方が望ましいと思います。


石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  さかもとくん 2017/08/02   
石神様、ご回答いただき有難うございます。
他の質問同様、一応、第3者の方に調査してもらい、指摘された箇所です。

工務店の説明では、間柱に打ち付けないと垂木?が固定できないそうで、室内も補強材を追加したのだそうです。また、この箇所は後付けしかできないので、このようになったそうです。
プレカット図では、屋根があるようになっているので、忘れていたのかもしれません。

外部には垂木受けは施工されていたので、意味がわからないのですが・・・

この反対側も同じように透湿防水シートは上部まで張られていません。ただ、こちらは垂木受けに取り付けているので、間柱に留め付けていません。

この箇所はガルバリウム?ですが(既に施工済み)軽いので、釘は抜けないという事でしょうか?

また、小屋裏換気の方法もいろいろありますが、わざと透湿防水シートを上まで張らない場合もありますか?(この箇所は有孔ボードだけの換気になると思います)
換気の方法について、書面に記載がなく説明もなかったのですが、通常は何か図面に明記されているのでしょうか?(有孔ボード一部仕様とだけ仕様書に書かれています)
No.3  石神 昭二 2017/08/03   
 当該屋根部分の高さ設定を誤ったために、垂木受け材を設けられない施工ミスが原因と考えられます。

 施工ミスを改善する手段として、安易に間柱へ垂木を取り付けた状況が覗えます。

 先の回答で述べましたが、屋根荷重を負担する垂木を間柱へ取り付けたままでは、今後の長い期間に亘る荷重を間柱が負担するので間柱が外れる可能性が考えられます。

 間柱に掛かる荷重は長期に亘る屋根の重量の荷重と、地震・強風時の振動及び横揺れが掛かりますので、これらを負担できる施工が必要と考えます。

 外壁防水シートの施工は施工会社の判断に委ねられますので、施工不良が原因となる漏水は施工会社の責任で補修する事を確認して下さい。瑕疵担保責任保険は10年間ですから、その後の瑕疵についても確認して下さい。

 換気方法は図面及び現場を検証しないと、判断できません。屋根庇の軒裏天井を有孔ボードで施工するのであれば、軒裏天井から通気を図る設計であろうと思われます。

石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.4  さかもとくん 2017/08/03   
石神様、ご回答いただき有難うございました。

図面と現場で確認しないと詳しくはわからないのですね。
図面が肝心な部分の図面がなくしてないと工務店から言われているので、図面とおりなのか、
第3者の方は判断できないそうです。

屋根の部分は、施工ミスの可能性もあるのですね。他も問題が色々あるので、専門家の人を入れて話し合いする方向で考えてみます。
有難うございました。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談