住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

基礎工事について
【専門家に質問】
匿名 2017/06/28   
■ ご相談・ご質問の内容

現在新築中で、ベース生コン打設が終わり、立上がり生コン打設前の状態です。
写真の通り、コンクリートと枠の間に木材が入っていますが、これは通常の方法で特に問題はないのでしょうか?
仕上がりがイメージ出来ず、ご教授頂けますよう、宜しくお願い致します。
3件のコメントが投稿されています(1-3を表示)。
No.1  匿名 2017/06/28   
コーナー部分の画像です。
No.2  匿名 2017/06/28   
玄関ポーチ部分の画像です。
No.3  石神 昭二 2017/06/28   
 1枚目と2枚目の写真を拝見しましたが、型枠の下に挿入された木材の目的と役割は不明です。これによって基礎コンクリートが欠損する事は明らかです。立上り基礎の型枠が組まれてますので、欠損が残されたまま立ち上り部のコンクリートが打設するると推察します。

 図面を検証しないと今回の欠損の目的と役割が判りませんが、立上り基礎の欠損は基礎強度に影響を及ぼす不具合であろうと考えます。又、鉄筋と型枠の間はかぶり厚と呼ばれる空き寸法が必須です。これは鉄筋を被覆するコンクリートの厚さで、建築基準法に規定された仕様ですから、これを侵す施工は問題があると考えます。

 施工会社に今回の木材の必要性について説明する事を申し入れて下さい。場合によっては工事の中断を要望して、相談者様が納得するまで説明を聞いてください。
 
 3枚目はポーチの土間と見受けられます。建物の外部でしょうから主要な基礎ではないと思われますので、木材による欠損が基礎強度に影響を及ぼす不具合ではないと考えます。

 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談