住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

透湿防水シートの施工と、防湿層の必要性について
【専門家に質問】
匿名 2017/01/10   
■ ご相談・ご質問の内容

先日、屋根面断熱から天井面断熱への変更についてご質問させていただいた者です。恐れ入りますが、追加で質問させてください。

断熱材吹付後の現場を見たところ、添付写真のように透湿防水シートの重なりの部分から断熱材が漏れているところがありました。通気層遮断の恐れについては、漏れている箇所は全体で2,3箇所のようなので、それほど影響はないのかなと思っています。
しかし、そもそもシートの重なり部分はタッカーなどで止めなくてもよいものなのでしょうか?工務店は、所定の重ね代を取っていれば問題ないとのことでした。

また、壁の構成は、サイディング/通気層/透湿防水シート/断熱材(現場発泡ウレタン)/石膏ボードとなりますが、断熱材の室内側にポリエチレンシートなどは張らないそうです。防湿層なしでも壁体内の内部結露は大丈夫なのでしょうか? 地域区分は6(埼玉県)です。

 ご助言いただけましたら幸いです。宜しくお願いいたします。

4件のコメントが投稿されています(1-4を表示)。
No.1  森 一夫 2017/01/15   
断熱材の漏れ自体はさほど心配はいらないと思います。

外壁とシートの間に通気層があります。また室内からの熱の流れを断熱材で
とめていますので、外壁と断熱層の間に結露はないとおもいます。

ご心配であれば、施工者に壁内結露は起きないという計算上の証明を
出してもらってください。結露しないという条件のもと、断熱材の
厚みを決めているはずです。
森 一夫(一級建築士、AFP)
Toolboxは設計者としてだけでなくライフデザインするという視点でアドバイスします。住宅の設計監理、ライフプランの相談にも対応しております。回答者のHPはこちら
No.2  匿名 2017/01/16   
森様

ご回答ありがとうごさいました。業者より定常計算の結果をもらいました。確かに、通常想定されるような温度・湿度の条件では問題なさそうでした。

一点だけちょっと気がかりなのは、ユニットバスと接する外壁です。ここに関しては壁紙の透湿抵抗もありませんし、高温多湿になりやすそうなので大丈夫だろうかと思ってしまいます。
ユニットバスから外への水蒸気の漏れがどの程度あるものかわからないので漠然と不安を感じるのですが、UBの換気扇を回していれば通常問題ない物でしょうか? 防犯の都合上、UBの窓を開け放っておくのは難しいです。

ご助言いただけましたら幸いです。
No.3  石神 昭二 2017/01/16   
 ユニットバスが面する木造壁は、防湿のために石膏ボードを張る施工がよく見られます。

 建築基準法の規定により、外部に面する壁の内張り材として石膏ボード等を張る仕様が必須の場合があります。この場合は確認申請書及び設計図面に明記しておりますので、施工会社に確認して下さい。

 私は中古住宅を調査しておりますが、ユニットバスの天井裏が浴室の湿気により傷んだ物件は見ておりません。パネルの接合部の施工が適正で天井点検口を閉めておれば、湿気が天井裏に影響を及ぼす可能性は低いと考えます。

石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.4  匿名 2017/01/17   
石神様

ご回答ありがとうございます。
ユニットバスからの水蒸気漏れは、施工に問題がない限りはまず心配ないとのことで安心しました。ご助言ありがとうございました。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談