住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

【新築工事中】軒裏換気口が無い
【全員に質問】
匿名 2016/12/08   
■ ご相談・ご質問の内容

来月引き渡し予定で、建物は戸建ての二階建て2×4構造の住宅です。
先日ずっとあった足場も取れ、外観を見ていると、軒裏換気口が全く無い事に気付きました。

依頼した工務店での始めの外観の提案では「軒の無い家」でした。
しかしよくよく調べてみると、軒が無い家は通気口が軒裏に取れないので「雨漏り」や「内部結論」などの不安があると知り、工務店側は外壁を通して換気はきちんとしているから大丈夫だと言いましたが、不安だったので無理して30万ほど追加をしてまで軒を出しました。

なのに軒裏に換気口がありません。
これでは要らないのにただの飾りに軒を出しただけみたいです…

軒裏に通気口が無いと、内部結露や、熱気の排出などされなくて夏の二階が熱くなったりしませんか?

通気口の無い軒にメリットはあるんてましょうか?
8件のコメントが投稿されています(1-8を表示)。
No.1  石神 昭二 2016/12/09   
 私が今まで中古住宅を調査した経験から回答しますが、屋根裏が結露して屋根合板に被害が見られた現場は屋根裏通気が設けられてない状況でした。

 結露による症状は広い範囲の屋根合板、屋根を構成する木材及び天井裏断熱材に結露水の染みや水滴が見られました。

 結露水は屋根裏から壁の裏側に伝いますので、クロスの裏に染みが現れる症状が見られますので、発覚した時には被害が進行した状況になります。

 今から出来る対策は、施工会社に軒先の納まりについて屋根裏通気の考え方を確認する事をお勧めします。図面や口頭だけでなく、現場で相談者様が納得のいくまで話を聞いて下さい。

 或いは客観的な判断ができる専門家(建築士)が現場で屋根及び軒先廻りの納まりを調査する事、図面を見て屋根裏断熱の仕様、屋根の形状等を検証する事を実施すれば、結露が起こる可能性を判別できると思います。併せて雨漏りが起こりやすい箇所を探ることもできると思います。



 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2016/12/10   
ご回答どうもありがとうございます!
現場監督に電話した所、一応あると言う返事でした。
どこにどの様な感じで有るのかは、電話での説明が難しいので後日現場にて説明してもらう約束をしました!

言い方的に、何ヶ所もあるわけでは無さそうな言い方でした。
もし一ヶ所だとしても、それは大丈夫なのでしょうか?
建物の規模的には35坪くらいです。
屋根の形状は片流れなので、多分片流れの下の方に換気口があるような言い方をしていました。
No.3  石神 昭二 2016/12/10   
 片流れ屋根の場合は、水下側から空気が入り水上側から抜ける施工が考えられます。屋根裏の空気が暖められて水上側から抜けるので、水下側から空気が入る流れ(自然対流)が起こりますので、必ず水下側と水上側に設けなくてはいけません。箇所数は少なくとも両側に2か所以上の通気口が必要です。

 相談者様が目視で確認できてないのであれば、どこにどの様な換気口があるのかを確認する事をお勧めします。

 図面又は写真で確認できな場合は取り付けた換気口のカタログ等で確認する様にして下さい。

 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.4  匿名 2016/12/10   
迅速な返信感謝致します!

先ほど現場へ行って、目視して来ましたが、やはり通気口らしきものは見当たりませんでした…(^^;
どこにどうなっているのか全くわかりません…(~_~;)

来週現場監督からの説明を受けて、石神さんの仰る通りの正しい施工が出来ているか確認します!

もし出来てない場合は、工務店側の施工ミスとして、追加料金なしで施工を要求出来るものなのでしょうか?

あくまでも工務店側としてはキチンと施工していると言う主張なので、こちらの費用持ちなら応じるとなるのが一般的でしょうか?(^^;

軒裏通気口を作らない換気方法をするなら、軒を出さなくとも良かったと後悔です…(~_~;)
No.5  石神 昭二 2016/12/10   
 追加工事の図面・仕様書及び見積書に通気口の記載があって、現場に通気口が無いのであれば通気口の設置を要望して良いと思います。

 仕様書・見積書に通気口のメーカーと品番が明記しておれば、メーカーのHPでカタログを確認する事ができると思います。

 現場で確認する際に、屋根裏点検口から天井裏へ入って確認できると思います。通気口は外気を取り入れる部分ですから、光も入りますので、天井裏に入って水下側の軒先を目視すると外気と一緒に光が見られると思います。

 施工会社に脚立又は梯子を用意して貰って屋根裏に入ってご自身の目で確認する事をお勧めします。その際は足元に注意して建材を傷めない配慮と、相談者様がけがをしない様にして下さい。


 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.6  匿名 2016/12/12   
お世話になっております!

今日監督の説明を受けてきました。
この工務店では、5年くらい前から見た目や、最近では軒の無い家などの施工が多い事から、軒裏通気口の付いた換気口は採用しておらず、軒と、外壁の繋ぎ目の隙間から換気する方法を取っているようです。

大きな換気口はありませんが、キチンと換気出来るようになっていますという説明でした。

私的には見た目よりもキチンと施工されている方が重要だと思うのですが…

この様な換気方法は実際にあるんでしょうか?
No.7  石神 昭二 2016/12/12   
 外壁と軒裏天井の隙間から通気する施工はプレファブ住宅に見られますが、この場合は軒裏内部に通気できる製品を使用しております。

 工務店のコメントでは換気口は設けてないという事ですから、目に見える換気口を設ける事を要望してはいかがでしょうか。その方が相談者様にとっても安心できると思います。私の考えも、見た目(外観)よりも確実な換気口を設ける方が宜しいと思います。


石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.8  匿名 2016/12/12   
石神さんお忙しい中お返事して頂きありがとうございます!

これはプレファブ住宅でみられる工法なのですね!
(木造住宅にする工法ではないのですね(^^;)
しかも軒裏内部に通気出来る製品は使用してないと思います。
全然出来ないと言う訳ではないが、換気量は少ないと言う事ですね(>_<)

ただ…目に見える通気口はあるに越した事は無いと思いますが、特別無くても現状でも問題はない状態でしょうか?

確かにあれば私も安心出来ますし、家にとっても換気量が増えて良いのは分かるんですが、多分追加料金が掛かると思われます。

タダでさえ予算オーバーをしているので、もし現状の工法で最低問題ないレベルならば、現状で行こうと思ってます。


もしくは、住み始めてからキチンと換気が出来ていないようならば、追加しようかと思います。
自分で出来るセルフチェックなどはありますか?
例えば天井の点検口に湿度計を置いておいて、何パーセントだと危ない、など…(^^;



< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談