住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

長期優良住宅 耐震等級3
【専門家に質問】
匿名 2016/11/26   
■ ご相談・ご質問の内容

質問どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m。新築を建てるのですが、長期優良住宅の申請と耐震等級3で建築して欲しいとハウスメーカーにお願いしています。図面も出来上がってきており、長期優良住宅の申請待ちの状態なのですが、耐震等級3というのはこの時点でわかっているのではないのでしょうか?ハウスメーカーの計算した図面は耐震等級3相当とですというのですが、実際は申請しないとわからない、建ってからでないとわからないというのですが、そうなのでしょうか?自分でも調べているのですが、図面や構造計算?や基礎や建築材料やその他で等級が決まってくるのであれば、長期優良住宅の申請前には等級はわかっているという事にならないのでしょうか?この事に疑問を持ったのは、ハウスメーカーから紹介を受けた保険屋さんに、地震保険の割引が耐震等級2の割引で説明されたので、等級3でお願いしてあるのですがとお伝えしたところ、等級3で割引を受けようと思ったら、保険屋の必要書類の関係上難しいと聞いたのですが、そんな事ありえますか?この時点で耐震等級2なのかなうちの家はと思ってたのですが、まだ建築もしてないのに、耐震等級2しかとれないとしたら、ハウスメーカーに騙されているとしか思えないのですが。

説明悪く申し訳ありませんが、回答どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  石神 昭二 2016/12/03   
 長期優良住宅の申請に当たり、幾つかの要件を満たす設計が要求されます。その一つが耐震等級2で設計する事ですが、この場合構造計算書を作成して構造部分を設計します。

 相談者様の要望が耐震等級3であれば、これが設計する条件ですから、耐力壁・構造部材及び基礎について構造計算書を作成して、この通りに設計図面を作成しますので、申請しないと耐震等級が分からないという施工会社のコメントは間違っております。

 耐震等級3相当という曖昧な表現は注意して下さい。上記にも記述しましたが、耐震等級2又は3は構造計算により耐力壁・構造部材及び基礎を設計する事が必須です。

 耐震等級3相当とは、耐力壁のみを耐震等級3で設計したものを指していると思われますので、本来の耐震等級という言葉は当てはまりません。


石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談