住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

中古戸建の独自増築について
【全員に質問】
ぺい 2016/10/13   
■ ご相談・ご質問の内容

先日、中古住宅の内覧に行きました。
その住宅は築31年の3階建てです。
玄関前に駐車場があり、家人の知り合いの方(大工か建築関係の方)が改造し、2階のベランダが駐車場上まで延長されていました。
そして3階の天井に雨漏りがした跡があり、家人の方が雨漏りがしたので、屋根を張り替えたと言っていました。
価格は1,580万で、うち土地価格は1,130万です。
もし、1,280万くらいに下がるのなら購入を検討したいと言ったのですが、妥当でしょうか?
話が進んだら、専門家の方に調査はしてもらうつもりですが、変に増築してあるベランダが防犯上も気になります。
新築時より犬もずっと室内で飼われてたみたいですし、土地価格まで下げてもいいような気もします。

1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  森 一夫 2016/10/15   
ホームインスペクションを行うので、その費用分は少なくとも減額が可能だと思います。基本的に31年前の建物であれば、悲しいかな土地代だけという状況も十分考えられますが、実際にはその建物を見てみないとなんとも言えません。

もしその家を改修して住むつもりであれば、建物の調査をしてもらった方がいいでしょう。見えない場所に漏水があったり、シロアリの被害があったりする可能もあります。

建物費用が価格に含まれているのであれば、瑕疵担保責任をはっきりさせておいた方がよいと思います。
森 一夫(一級建築士、AFP)
Toolboxは設計者としてだけでなくライフデザインするという視点でアドバイスします。住宅の設計監理、ライフプランの相談にも対応しております。回答者のHPはこちら


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談