住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

セットバック済みの物件のメリットとは何でしようか?
【専門家に質問】
匿名 2016/06/24   
■ ご相談・ご質問の内容

物件の詳細にお勧めポイントとしてセットバック済みと書いて有りました。
そのメリットとはどういう事なのでしょうか、教えて下さい。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  石神 昭二 2016/06/24   
 分譲住宅の場合はセットバック部分を道路として市・区へ移管(寄付)して道路と同様の舗装して、道路境界に側溝を施工した物件が見られます。これにより建設機の後退部分が整備されることになりますので、買主にとってはメリットになると思われます。

 通常の場合は、建設地の所有権はセットバック部分を含めた敷地面積ですが、建築基準法の規定により確認申請の敷地面積はセットバック部分を含みません。又セットバック部分に塀、生垣等を設ける事ができません。従いましてセットバック部分の整備を行わないと空地のみ残る事態になります。

 このような狭い道路の拡幅整備に関しては、市・区の窓口にお問合せして頂けると、拡幅整備の手続きや補助金などについて案内があると思います。


石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談