住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

天井のヒビ
【専門家に質問】
nano 2016/05/17   
■ ご相談・ご質問の内容

はじめまして、よろしくお願いします。

自室の天井にヒビの様な線が入っています。
地震のたびにハッキリとしてきて、ついにはちょうど一本線に壁紙が浮いているようになりました。亀裂が走っているか、段差が出来ているように思えます。
触ると割れているように凸凹があります。
とうとう天井のライトをちょうど囲む様に正方形に4本線が入りました。
これは何か天井が崩れかけているのでしょうか??
小さな地震でもそのたびにどんどん進行していて怖くてたまりません。
業者に見て貰おうと両親に言っても気にしなくて大丈夫だと取り合ってくれず不安です。
どの様な状態なのか、業者に見て貰い修理する必要等はあるのかご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

家は木造二階建てで恐らく築15年位です。2×4の構造と聞いたことがあります。
近くの幹線道路を大型トラックが走るたび家が小刻みに揺れガタガタいいます。
自室は物がとても多く重さで何か負荷がかかって原因の一つになっているのかと不安です。

支離滅裂で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  石神 昭二 2016/05/17   
 2×4工法の場合、屋根を構成する部材の中に天井根太と呼ばれる部材が組まれております。天井根太は地震・台風による横揺れを負担する重要な部材ではありませんが、外壁(耐力壁)が外方向に広がる変形を抑える役割を果たす部材です。

 しかし屋根を構成する部材とそれを支持する壁パネル及び床パネルなどの部材が一体となって建物の荷重を負担しておりますので、地震・台風による横揺れや振動により天井根太も振動した状況が覗われます。

 天井根太は天井板(石膏ボード)を留め付ける下地を兼ねておりますので、石膏ボードが振動した為に起った不具合(クロスのしわ)と考えられます。

 石膏ボードは材と材を突き合わせて張られ、継ぎ目をパテ処理した上にクロスが貼られます。従いまして振動が作用すると継ぎ目に捻じれや軋みが起り、クロスのしわを招いたと考えます。

 天井だけでなく、壁にも石膏ボードの継ぎ目がありますので、継ぎ目に沿ったしわが発生しているかもしれません。振動が大きく作用するとクロスが破れる事象が見られる時がありますので、壁面も検証して下さい。

 クロスを張り替えるとしわは解消できると思いますが、今後発生すると思われる地震・台風により再発します。

 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  nano 2016/05/17   
石神様、ご回答下さりありがとうございございます。
石膏ボードのズレやひび割れによるクロスのズレという事でしょうか。
おっしゃる通り確認してみると廊下や階段にも同様の現象やクロスの破れひび割れを発見し驚きました。
とりあえず基礎部分には影響はなさそうなご回答で安心致しました。
これで安心して寝られそうです。
すぐに丁寧なご回答を頂き感動しました。
今後もし何かあれば是非お願いしたいと思います。
本当にありがとうございました!


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談