住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

雨水枡の高さ
【専門家に質問】
匿名 2016/04/17   
■ ご相談・ご質問の内容

新築建売を購入しました。また住んでいません。
外構が化粧砂利になっていたのですが、後から雑草が生えてきて草むしりが大変になるのも困るので、コンクリートで埋める工事をしました。工事完成の連絡があり見に行ったところ、外構の外側に隙間が残っていました。その件を聞いたところ、以下の返事がきました。

-----------------------------
いつもお世話になっております。
メールでご指摘戴きました件、事前にご説明・ご相談差し上げて無く申し訳ありませんでした。

その現在の状態になってしまった経緯としましては、家の周囲の土間コンクリートを打ちまして、その雨水の排水勾配を既設の雨水集水桝に流すように考えていたのですが、その桝から排水勾配を取りますと土間コンクリートの高さが用水側の控壁よりも上がってしまい、敷地外にも雨水が出てしまう事が分かりました。その桝の高さも現状よりも家との兼ね合いで下げる事が出来ず、やむなく流す方向を変更する事になりました。そこでご相談すれば良かったのですが、急だった事も有りまして、敷地内で雨水を処理する方法を業者さんの方で考え判断されました。その方法は現在の形でして、敷地と控壁の間に溝を作りそこに雨水を染み込ます事で処理し、そこに化粧砂利を入れて隙間を埋める事にしました。敷地の造成時に砕石で敷地が埋められていて排水能力が高いことも知っていた事もこの考えに及んだ要因です。
-----------------------------

これではその隙間から雑草が生えてくるので何の為にコンクリート工事をしたのかわからないですし、雨水枡に向けて勾配をつけるのは当然のことで事前にそれを把握できていなかったというのはどうなんでしょうか?
また、雨水枡の高さを下げれないとういのはどういう場合なのでしょうか?
6件のコメントが投稿されています(1-6を表示)。
No.1  石神 昭二 2016/04/18   
 外構工事の状況を見ないと正確なアドバイスは難しいです。又図面に明示されたであろう外構工事の地盤面の高さを検証しないと、施工会社の説明に対する問題点がどこにあるかが判りませんが、質問文で判る範囲でお答えします。

 本来であれば、施工する前に建物周辺の地盤高さと道路・控え壁及び排水桝の高低差を測量して、土間コンクリートの傾斜を決めます。

 今回はその手順を怠って現場合わせでコンクリートを打設した結果が、今回の問題点であると推察します。

 排水桝は砂利敷きを前提で施工したのですから、コンクリート打ちに替った時点で枡の高さを排水勾配に合わせて再施工する事が必要であったと考えます。

 排水桝の高さを替える工事を考えると、枡を入れ替える事になると思われますが施工は可能です。

 排水桝に雨水を集める手段を再検討して、土間コンクリートの再施工を要望してはいかがでしょうか。

石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2016/04/20   
石神 様

回答ありがとうございました。自分では何もわからず、このように回答いただけてとても助かります。

外構工事の図面等はありませんでした。打ち合わせは1度だけ、コンクリート打ちした土間の上にウッドデッキを設置したのですがその設置場所や大きさ、色などの確認のみでした。
きちんと工事図面を作ってもらわなければいけなかったのですネ。
家を購入するのも、外構工事をするのも初めてのことで、コンクリートで埋めるということに排水勾配などいろいろなことが関連してくるとはわかりませんでした。
隙間を残されて初めてそういった関連があると知りました。

排水桝の高さは、家の後側→家の前面→駐車場スペース→市道の側溝へと流すため、低くすることはできないと言われました。業者からは敷地と控壁の間(現在砂利が埋めてある)の隙間を控壁の高さでコンクリートで埋めてはどうかと言われています。

この案を受け入れるのがよいのか悩んでいます。

No.3  石神 昭二 2016/04/20   
 外構工事を施工するに当たり図面などがない状態で施工したのであれば、施工会社のメールに記載された「その雨水の排水勾配を既設の雨水集水桝に流すように考えていた」は何なのでしょうか。敷地内の高低差測量を怠っていたことが今回の原因であると考えます。

 枡の高さについてですが、家の後側から道路に排水する経路は地面に排水管が埋設されていると思われます。排水管は勾配を採って施工されておりますが、排水枡は地面の高さに合わせて枡を設置して、掃除などのメンテナンスの役割ですので、排水勾配は直接関係ないと考えます。

 写真を拝見すると控壁よりも土間コンクリートが高い状況が覗えますが、控壁の高さ設定は間違ってないのでしょうか。

 敷地と控壁の間を控え壁の高さでコンクリートで埋めるという案ですが、控壁よりも土間コンクリートが高い状態のままということでしょうか。

 写真の土間コンクリートは排水勾配の水下側でしょうか。水下側であれば、雨が降ると隣地へ流出します。施工会社のメールに記載された「敷地内で雨水を処理する方法を業者さんの方で考え判断されました」という考え方と矛盾します。
 
 外構工事に於いて敷地内の雨水は全て道路側溝に放流する事が必須ですから、排水勾配を考慮した改善策を検討するように要望してください。


 
 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.4  匿名 2016/04/22   
石神 様

お返事ありがとうございます。
建売を購入した時点で、家の周りの控壁とその上の柵は設置されていました。土間の部分が化粧砂利だったので、そこに雑草が生えてくるのが嫌でコンクリートで埋める工事を依頼したのです。ですので控壁は今回の工事で作ったわけではなく、控壁の高さ設定が間違っているとかはわからないです。

敷地と控壁の間の隙間を控壁の高さでコンクリートで埋めるという案は、今の控壁よりも土間コンクリートが高い状態のままです。その部分の雨水が外側に流れるのが問題ないかを聞いたところ、ほんの少しだけなので問題ないと言われました。

問題があるのであれば、今の砂利状態の隙間を残したままにした方がいいのですネ。となるとそこから雑草は生えてくるでしょうし、何の為にコンクリート工事をしたのかわかりませんネ(生えてくる面積は少なくなりましたが)。
もしくは一度柵を外して控壁を高くしてから隙間を埋める、ということでしょうか?


No.5  石神 昭二 2016/04/24   
 敷地と控壁の間の隙間を控壁の高さでコンクリートで埋めるという案を考えると、今は土間コンクリートに何もない状況ですが、今後は砂・石・ごみ及び枯葉などが溜まりますので、雨風により雨水と共に隣地に流出する可能性が考えられます。

 施工会社との話の中で「雨水が外側に流れるのが問題ないかを聞いたところ、ほんの少しだけなので問題ないと言われました。」と有りますが、原則的に敷地内の雨水は敷地内で処理する施工が必須ですので、施工会社の回答は問題が有ると思います。

 改善方法を考えると、土間コンクリートの先端にブロック等を設けて、雨水・砂等を留める方法はいかがでしょうか。この場合は水溜りが出来易いので、注意して下さい。




 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.6  匿名 2016/04/26   
石神 様

度々のお返事本当にありがとうございます。
ご提案いただいた改善方法は、今の隙間の砂利部分に土間コンクリートより高いブロックを設けるということでしょうか?
そうすれば雨水が敷地外へ流れ出すことはなくなりますネ。確かに水溜りは出来易そうですが。
いただいたご意見を参考に改善策を検討してみます。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談