住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

掘削・残土処分費について
【専門家に質問】
匿名 2016/01/29   
■ ご相談・ご質問の内容

よろしくお願いします。
現在、新築工事に先立ち、土地(道路面より高い)を掘削しています。
建物より道路側は道路の高さまで掘り下げて完了検査後に
外構業者に擁壁も含め駐車場工事を行ってもらおうと思い、
契約前も相談、話し合いの確認内容にも書いてありました。
契約時の図面は建物の前は擁壁(外構で行う予定)が立っている図面でしたが、
着工後に業者が違う図面を見せてき、これだけしか掘らないのかと聞いても、そんなには掘る予定はないと言われました。
基礎の詳細見積もりを見ても、掘る予定量に比べ、現時点で掘削した量を計測して計算しても全然足りていません。
掘る予定だった部分は新築の業者がやらなければ、後で私が外構業者に掘削費用をまた払わなくてはなりません。
見積もりでも掘ることになっているはずの部分を、契約後に実は掘ることになっていませんというのは納得しにくいのですが、業者は完了検査が降りる程度まで契約前の話し通り掘るべきなのではないのでしょうか。
ご助言いただけると幸いでございます。
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  石神 昭二 2016/01/31   
 住宅の新築工事と外構工事を別途にする発注形態は通常行われます、又それぞれを別の施工会社に発注する事も通常行われます。しかし今回の場合、発注先が同じ会社か否かが不明です。

 住宅工事を請負う施工会社は道路より高い地盤を基準として施工しますので、高い地盤で住宅を施工します。住宅が完成した後に別途工事を請負った施工会社が駐車場工事を行う順番が一般的と考えます。

 従いまして、住宅の掘削工事と擁壁の掘削工事を施工する時期及び施工者が違いますので、現在に於いて擁壁の土工事は行いません。

 しかし見積書の土工事の掘削土量及び、図面の内容が当初の打合せと相違があるようでしたら、相談者様が納得のいく説明を要望してはいかがでしょうか。

 見積書の各項目の数量を検証する事、図面の内容を検証するには一般の方には難しいので、客観的な判断ができる専門家(建築士)に調査を依頼する事を検討して頂きたいと思います。

 見積書によっては各項目の数量を表してない「一式」で記載する場合がありますので、その場合は内容については作成者しかわからないので検証は難しいです。




石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2016/02/01   
ご回答頂きありがとう御座いました。
建物の工事と外構は別業者になります。
建物側の契約の前には、擁壁なしでも完了検査が通る程度まで駐車場の位置を掘ってもらっておくことで話をしていたのですが、契約後に何故か掘らないことになっていました。
m3単位で単価を掛けて計算されていましたが、体積がどう計算しても足りず、契約前に掘ってもらう予定の体積を合わせて計算が合いそうな見積もりでした。
ご指摘頂いた通り、一度業者に説明を求めてみようかと思います。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談