住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

基礎配筋かぶり厚について
【全員に質問】
内弁慶 2015/12/22   
■ ご相談・ご質問の内容

基礎のかぶり厚のことで質問があります。
型枠をした後、コンクリを打ちますがその後にかぶり厚が確保できているか
確認する方法はありますか?
5件のコメントが投稿されています(1-5を表示)。
No.1  石神 昭二 2015/12/22   
 コンクリート打設後にかぶり厚さを確認するには、鉄筋探査器などの探知装置で調査する事はできますが、非破壊による調査では他に手段はないと思われます。
 
 鉄筋工事に於いてかぶり厚さを確保するスペーサーが必要な箇所に設けられた事を確認して頂いて、規定通りのかぶり厚さが確保できている状況を確認して下さい。


石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  内弁慶 2015/12/22   
さっそくの返信ありがとうございます。
探査機を使うしか判断できないですか・・。
会社によって違うかもしれませんが
鉄筋検査等の時にかぶり厚がわかる施工写真は撮っているものですか?
ちなみに長期優良住宅です。
No.3  荒井 康矩 2015/12/23   
工事の際にかぶり厚のわかる写真を撮っていることは考えられます。工事中に検査する場合は、何箇所もかぶり厚が確保できているか確認するものですが、全箇所の写真はないのではないでしょうか。

また、確保できていない箇所の写真があった場合に、それを提出してこない可能性もあるでしょう。

長期優良住宅は建築前の書類審査のみですから、着工してから後の施工品質とは無関係です。

荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅コンサルティングのアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。
No.4  内弁慶 2015/12/23   
コン打ちまでにキチンと確認できれば良かったのですがそれが出来なかったので不安になっていました。
確かに写真にかぶり厚不足があっても提出はしないですね。
現状とくに基礎のクラック等は見受けられなかったのですが問題なかったと思っていいでしょうか?
底の部分と立ち上がり部分を一発でコン打ちしています。
No.5  石神 昭二 2015/12/23   
 基礎表面にひび割れが見られない施工状況は評価できると思います。
 
 基礎の図面にアンカーボルト及びホールダウンボルトが明示されていると思われますので、各々の位置が図面通りであるかを確認して見て下さい。その際に、ボルトの傾斜やボルトのねじ山にモルタルが付着する等の不具合についても検証してはいかがでしょうか。


石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談