住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

仲介手数料 節約のための方法
【全員に質問】
タナカ 2015/10/11   
■ ご相談・ご質問の内容

中古マンションの購入を検討しております。
仲介手数料を節約するために、売り主と直で交渉したいのですが、
仲介業者を介在しない分、自分自身でやらないといけなくなる事務処理、手続き、
全体的なプロセスを教えて頂きたい次第です。

どうぞよろしくお願いいたします。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  荒井 康矩 2015/10/12   
対象の物件が決まっており、売主と直接交渉ができる状況なのでしょうか。そうでない場合は、物件探しが最大の問題です。

物件が決まっていることを前提としてご自身でやるべきことについて挙げてみます。

・物件の調査
法規制・管理状態・建物の状態などについて調査が必要です。不動産仲介業者が入っても建物の状態まで調べてくれることはほとんどございませんが。
管理状態は管理規約・長期修繕計画についての確認が大事です。不動産仲介業者がいる場合は、管理会社へ管理に関する重要事項について書面で提出してもらうのですが、それと同じものを管理会社に要求して提示してもらう必要があるでしょう。

・価格交渉・その他の条件交渉
通常は不動産仲介業者を介して交渉しますが、直接交渉する場合は当事者の感情論が表に出てしまうことがあり、注意して交渉する必要がございます。
価格以外には契約日・引渡し日・売買の対象範囲などについても、しっかり交渉して取り決めておく必要があります。

・売買契約書の作成
これは専門知識のない方が作成しても不利な内容となっていることもありうるため、できれば弁護士などに作成を依頼した方がよいでしょう。

全体のプロセスは上記の流れに沿ってで良いでしょう。
契約をした後は、
住宅ローンの申込→審査→決済・引渡し
という流れですね。

直接交渉は価格を含めた条件面での交渉が難航することも多く、また契約書作成を弁護士等に依頼すればそれなりの費用にもなりますから、総合的にご判断ください。


荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅コンサルティングのアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談