住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

契約図面
【専門家に質問】
匿名 2015/09/06   
■ ご相談・ご質問の内容

新築を建築中です。
契約時の立面図の基礎高400が実際出来上がったものは倍の800になっており、立面図では玄関ポーチまで、2段の段差だったものが、6段ぐらい登らなければならのです。
ちなみに新築は平屋の建物です。何のために、平屋を建てたのか、がっかりです。
契約時の図面と違う基礎高になっていること自体、契約違反になるのでしょうか?こちらから、基礎や図面を確認するよう求めて、HM側のミスとして認めてはいます。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  石神 昭二 2015/09/06   
 基礎高さが設計高さよりも+400㎜で施工した理由はどこにあるのでしょうか。玄関アプローチに階段が増えただけでなく、掃出し窓から外(庭)に出る際にも大きい段差について対策が必要でしょう。又、勝手口からの出入りも併せて検討する必要があります。

 現在の進捗状況が不明ですが、+400㎜間違える事は考えられませんので、何らかの理由があったと思われます。基礎立上りの鉄筋工事に於いて間違えた高さまで鉄筋が入っているのか、更に+400㎜を踏まえた鉄筋量で施工されているかを確認する事も必要です。

 確認申請上は設計変更の確認申請の手続きが必要ですから、この変更の確認済証が交付されている事を確認する必要があります。
 
 まだ手続きが済んでないとしたら、高さ変更について建築基準法の適合性について施工会社に確認する事をお勧めします。可能であれば輝付きが済むまで工事の中断を要望して下さい。



石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談