住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

引き渡し延期 賃料請求について
【専門家に質問】
永田 2015/08/09   
■ ご相談・ご質問の内容

2015年8月末引き渡し予定で建売住宅を契約したものですが、2015年7月に土地所有者の地主が亡くなり、その相続問題がこじれて納期通り引き渡しができない状況です。※物件は既に完成しています。
※引き渡し予定日は契約書に明記されています。

住宅メーカーからは相続者が決定しないと銀行からの融資が下りず何も進められないと言われています。
現在住まいのマンションには既に退去申請を出していて仮に延長できた場合その延長期間の家賃、一時的に他に引っ越した場合その費用が発生します。
このような場合上記の費用を売主側に請求できるのでしょうか?
また相続問題が長引くようなら契約破棄も考えていますがその場合違約金などは発生するのでしょうか?
お手数をお掛けしますがご教示いただければ幸いです。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  荒井 康矩 2015/08/09   
不明点があり回答しづらいので、逆に質問させてください。

建売住宅でありながら、土地所有者が一般個人の方なのでしょうか?

建売住宅の売主(永田様と売買契約を締結した売主)は、不動産会社で、土地の所有者ではないということでしょうか?

そうなりますと、土地の所有権が不動産会社に移転する前(移転登記前)に建物の工事を始めているということになりますが、間違いございませんでしょうか?

ちなみに、引渡しが延期となって場合の措置については、契約書に記載されておりませんでしょうか?

不動産会社が一般個人の土地所有者から物件を購入(A)して、新たな買主へ売却する場合(B)、Aの契約が中止になればBの契約も破棄するような契約内容としていることが考えられますが、そのような説明や契約書への記載はございませんでしょうか?

荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅コンサルティングのアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談