住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

自己資金不足による解約における手付金
【専門家に質問】
匿名 2015/01/12   
■ ご相談・ご質問の内容

平成26年に手付金を払い、契約しました。来月に内覧会を控えた状態での質問です。
当初は自己資金で支払いの殆どをカバーし、足りない分をローンで賄う予定でした。しかし半年経った今、状況が変わり、自己資金で支払いの半分程度しかカバーできなくなってしまいました。
ローンの金額を増やそうにも、私の年齢と年収からすると現状より増やせる見込みがありません。つまり、支払いできる見込みが極めて薄いといった状態です。
このような状況で解約する場合、手付金を返還してもらうことはできますでしょうか。
4件のコメントが投稿されています(1-4を表示)。
No.1  荒井 康矩 2015/01/12   
契約内容の詳細を確認しないと断定はできませんが、基本的には手付解除となるでしょう。よって、手付金を返金してもらうことは難しいと思われます。

また、その他の諸条件・状況次第では手付解除ではなく契約違反として違約金も必要となる可能性が出てくるため、解約されるのであれば早めに話をされる方がよいでしょう。

荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅コンサルティングのアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。
No.2  匿名 2015/01/12   
早速のご返信ありがとうございます。
ローンの本審査はまだなので、とりあえず銀行さんと相談してみます。どうしてもダメだった場合は解約せざるを得ないのですが、手付金を返還してもらうのは難しいということでしょうか。
参考までですが、例えば契約後にローンが降りなかったみなさんは手付金放棄して解約しているでしょうか。
No.3  荒井 康矩 2015/01/13   
住宅ローン特約(融資利用の特約ともいう)を売買契約につけているはずですので、通常は融資の全部か一部を受けられない場合には、この特約による解除で、手付金を返金してもらうことができます。

相談者さんがこのケースに該当すれば問題なく返金されなければなりません。

しかし、最初の相談内容に「当初は自己資金で支払いの殆どをカバーし、足りない分をローンで賄う予定」とあることから、売買契約の際に住宅ローン特約で融資金を「足りない分程度の金額」で記載していないでしょうか?

そうなりますと住宅ローン特約での解除が難しくなります。もし、最終的に借入する金額を契約書に記載しているのであれば大丈夫です。

荒井 康矩(住宅コンサルタント)
住宅コンサルティングのアネストの代表者
不動産会社で住宅売買の仕事に従事した後、住宅コンサルティング会社を創業し、数多くの住宅購入相談を実施。
No.4  匿名 2015/01/13   
丁寧なご説明をありがとうございました。




< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談