住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

建築途中の建物について
【専門家に質問】
匿名 2014/11/04   
■ ご相談・ご質問の内容

土台部分が終わり、いざ、建物の建築に入りました。が、
先日建物をチェックした際に、写真のように一階部分の柱の耐震部分において、木材と木材の間に細い木を挟んでいて、サイズ調整されていましたが、これは問題ないのでしょうか。


以上、よろしくお願い致します。
2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  石神 昭二 2014/11/05   
 アップ写真ですから判別が難しいですが、おそらく柱と土台の交点に据え付けられた筋違いの下端だと思われます。

 筋違い端部と土台との隙間にくさび状の木片が挿入した状態と判断します。写真に写っておりませんが筋違い金物は柱へ取付けられていると推察します。

 写真に写っているくさびは筋違いと柱とを留め付ける際に、取り付け位置を調整して柱に筋違い材を密着させるために挟まれたくさびと考えられます。

 従って、筋違い金物の取付け状況に不具合がなければ、構造的に問題はないと考えます。




石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2014/11/05   
コメントを記載頂き、ありがとうございます。筋違い金物の取り付け状況を確認してみます。
ありがとうございました。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談